健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 143件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(11月1日現在)
届出関与:67件
受理:20件
届出(受理待ち):45件
特許出願(審査請求済):2件
補正3件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

大反響のセミナーでレクチャーするLTV5万円


時々LINEのID教えてと言われることがありますが 
私はLINEはやっていません。 


日本でLINEをやっていない人は段々少数派に 
なりつつありますが、海外では圧倒的にWhatsAppです。 


アメリカでもヨーロッパでもアフリカでも多くの人は 
WhatsAppを使っています。 


LINEがWhatsAppを超える日も来るのでしょうか? 




さて、 

あっという間に満員となってしまった12月14日のセミナー。 

乗り遅れた方はWEB視聴をお申し込み下さい。 


前回、前々回で、如何に強いLPを作り、如何にそこに 
導くかについてお話しました。 


この2つがうまくいけば、CPA3000円で月間新規2万件 
獲得することも可能です。 


そして次なる施策はCRM。 

如何にLTVを拡大するか?です。 


私が関与する成功事例にはLTV5万円達成ケースも 
珍しくありません。 


一つのポイントは上客を掴むことです。 

プア―をいくら掴んでもLTVは伸びません。 


如何にして上客を掴むかはセミナーでレクチャーします。 


あとは続けることのメリットをどう伝えるかです。 


ここは、座標軸の設定をみなさま研究しておられます。 


年齢別に分ける、悩み別に分ける、使用期間で分ける・・・。 


いずれも重要ですが、薬事との関係でどこまで突っ込めるかが、 
さらに重要なポイントです。 


ここも12月14日のセミナーで例を示してお話ししましょう。 


4年で年商30億! 

化粧品EC勝利の方程式2017! 

-30億事例他、10億~200億まで 
 10社の成功事例のヒケツをレクチャーします- 

WEB視聴予約受付中です。(実施後の配信になります) 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/MzWCbF 

大反響のセミナーでレクチャーするLP誘導法

トランプ新政権の主要メンバーが徐々に明らかになって 
行ってますが、 


経済関係は元ゴールドマン・サックス幹部が 
登用されるようです。 

リーマンショックでも唯一吹っ飛ばなかった 
投資銀行ですから、さもありなんという感じです。 


ただ、この前、ハーバードビジネススクールを 
訪問したときに教授が言ってました。 


最近の優秀な学生はゴールドマン・サックスには行かない。 


みな、シリコンバレーに行っていると。 


Facebook、Instagram、Snapchat、Uber。 

優秀な彼らが次に生み出すものは何でしょうか? 




さて、 

あっという間に満員となってしまった12月14日のセミナー。 


ハーバードビジネススクールで学んだ方法論も導入します。 

乗り遅れた方はWEB視聴をお申し込み下さい。 


昨日はセミナーでレクチャーする強いLPの作り方について 
お話ししました。 


今日はそのLPへの誘導策のティザーです。 


誘導策の一つはインフォマです。 


インフォマはどんどん威力が落ちており、 
考査が厳しいBSですとMR0.1~0.2がいいところです。 


しかしこれではPAYしませんので、そこからWEBでの 
指名検索をふやします。 


これで強いLPに誘導できるとトータルで 
MRは0.4くらいまでUPします。 


如何に指名検索をふやすかについてはインフォマと 
WEBをつなぐキーワード検索を何にするかを 
よく考える必要があります。 


10文字以上では検索がかったるいのでNG。 


短いワードで印象に残るもの、これがポイントです。 

この方法論でインフォマWEB連動を成功させている 
事例があります。 


その例やインフォマ以外でのLP誘導法については、 
セミナーで詳しくレクチャーします。 



4年で年商30億! 

化粧品EC勝利の方程式2017! 

-30億事例他、10億~200億まで 
 10社の成功事例のヒケツをレクチャーします- 

WEB視聴予約受付中です。(実施後の配信になります) 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/MzWCbF 



大反響の薬事法違反報告書とセミナー

先週の金曜日の小池都知事下での薬事法違反報告書、 大反響で本当に多くの方からお申し込みを頂きました。
金曜日のメルマガにも書きましたが、調査段階で 薬事法のチェック体制を聞いて来ますので、
1日も早く当社のチェックを受ける体制を整えて下さい。
さて、
もう一つの大反響が12月14日のセミナーです。
まだ2週以上先の話ですが、早々と満席になって しまいました。
乗り遅れた方はWEB視聴をお申し込み下さい。
このセミナーでは、私がサポートする成功事例のヒケツを お話しますが、このメルマガでも少しお話しましょう。
まずLP。
強いコンテンツと調査とロジックが肝です。
調査は、どの愛用者を使うか、どの体験談を使うか、 オファーをどうするかなど、モニプラやABテストで おやり下さい。
ロジックはなぜこの化粧品なのか?ですが、 一つのテクニックとして対抗事例を持ち出すことが 考えられます。
みなさんがよいと思うAにはこんなに問題があるから B、というロジックです。
これは、セミナーにて例を示します。
強いコンテンツは先週もお話したメディカルコンテンツです。
これを抜きには、成功は考えられません。
これもセミナーにて例を示してお話ししましょう。
4年で年商30億!
化粧品EC勝利の方程式2017!
-30億事例他、10億~200億まで  10社の成功事例のヒケツをレクチャーします-
WEB視聴予約受付中です。(実施後の配信になります)
↓   ↓   ↓