健康食品機能性表示の届出支援・広告サポート|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、林田学です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 99件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(9月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=99件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

葛の花問題のその後/大きく変わる注の書き方(24)/ 打消し表示と消費者調査

葛の花問題のその後/大きく変わる注の書き方(24)/
打消し表示と消費者調査

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


先週も書きましたが葛の花広告問題は終盤戦を
迎えています。


消費者庁はこの問題を早く世に出したいようで
異例のスピードで措置命令に向けて突き進んでおり、

早ければ10月中にも措置命令が出るかもしれません。


そしてその後、課徴金に向けて突き進むものと
思われます。



さて、

何度もこのメルマガには書いていますが、7.14報告書と
葛の花広告の措置命令は密接に連動しています。


葛の花広告の措置命令では、打消し表示に対する
言及も行われるのではないかという気がします。


そして、今後、消費者庁が景表法違反を追及する際には
消費者に打消し表示入りの広告を見せることが
テンプレート化するのではないかと思われます。


つまり―

1.消費者庁が問題と思う広告を消費者に見せる

2.消費者の認識をまとめる

3.その認識に見合うエビデンスがあるか検討する

4.それがなければ「広告に見合う合理的根拠なし」
  で景表法違反


こういうフローが今後の取り締まりフローに
なるでしょう。



7.14に対応した注記の仕方については
ホワイトペーパーを用意しました。


また、来月も7.14に関連したセミナーを行います。


☆1万円セミナー(食品開発展出展記念)

消費者庁7.14報告書もクリアーできる

ティーアップコンテンツを使ったブレークスルー戦略!

― メディカルコンテンツ・NO.1・日本初世界初 ―

↓   ↓   ↓ 

機能性表示最新情報33

こんにちわ。

YDCのミッシーです。


今週もまずは差戻し事例の傾向から2例を
ご紹介します。


一例目は、SRでの層別解析の話です。


昨年の11月頃から、BMIが25kg/平方メートル以上、
内臓脂肪100?以上は病者にあたる、

という基準を消費者庁が持ち出してきたため、
層別解析を必要とするケースが増えました。


しかし、最近の指摘で「層別解析は文献中で
行われている必要があります」というものが
ありました。


たとえ論文の著者に個別データを確認し、
追加資料として層別解析を行ったとしても、

それは認められない、というのです。


そもそもBMIと内臓脂肪の基準が唐突に
持ち出されたうえで、

追加の層別解析もダメというのは、
あまりにも酷という感じがします。


二つ目は、「エキス」や「抽出物」を原材料と
している商品の届出について、

消費者庁からの指摘が一層厳しくなってきている
ことです。


頻発する指摘内容としては、
「『表示しようとする機能性』がその機能性関与成分
のみに由来することを説明してください」、
というものがあります。


どういうことかというと、例えば○○由来xxxを
関与成分とした場合、

表示しようとする機能性に寄与するのは「○○由来xxx」
としますが、他の成分も働いているのではないですか? 
と問われているわけです。


この場合は、由来となった○○に含まれる
他の成分などが強く疑われます。


明確に答えの出せる成分ならいいですが、
色々な成分が混じっていると、なかなか難しい問題です。


一度受理された事例であっても、その点について
消費者庁から改めて問い合わせが来ている、

という話も聞こえてきます。


どういう事例かお知りになりたい方は、


「9/22事例希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号
・機能性表示に関するお悩み

機能性表示に関するお悩みをお書きの上、

info@yakujihou.com(中田)まで
お申込みください。



さて、

最新の機能性表示事例のご紹介です。


C167 海老あんかけ焼そば

「本品にはDHAが含まれます。

 DHAには中高年の認知機能の一部である、
 数に関する情報の記憶をサポートする機能が
 あることが報告されています。」


届出者はマルハニチロさん。

マルハニチロさんによるDHA、認知機能の届出は
以前に数件ありまたが、

本件では機能性の文言が「数に関する情報の記憶」
と制限されています(以前の事例では、

「数・ことば・図形・状況などの情報の記憶」と
なっていました)。


既存のマルハニチロさんのSRでは、DHA含有量
176mg~1720mgのものを採用したうえで、

結論としてDHAの含有量について880mg以上で
機能性が確保されるとしていました。


これに対して本品の含有量は480mgです。


これに対応するため、SRを修正して880mg以上の制限を
削除し、表示文言も一部削除したものと考えられます。



では、またメールしますね。


ミッシー

葛の花問題のその後/大きく変わる注の書き方(23)/満足度、サントリー方式は?

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


葛の花広告問題はいよいよ終盤戦を迎えています。

 
早ければ来月中にも措置命令が出るかもしれません。 


とても厳しい基準で判断しており、今後の広告に
大きな影響を与えることになると思います。 


対策を講じたい方にはホワイトペーパー
「打消し表示に関する実態調 査報告書」をお勧めします。 


さて、

今週も7.14報告書です。


今日は満足度表記の注に関するサントリーさんの
手法についてのQ&Aです。


Q.サントリーさんの「極の青汁」のLPには、
  「お客さまご満足度97%」とFV中に強調表示があり、

  その直下に『※「極の青汁」 定期購入のお客様対象
  の調査(2013年)n=750サントリーの「極の青汁」
  に「とても満足している」「満足している」と
  回答した方』という注記があります。 


  他方、7.14報告書のベースとなる不実証広告規制に関する
  通知(薬事法ルール集13-A>>>

  には、「積極的に体験談を送付してくる利用者は、
  一般に、商品・サービスの効果、性能に著しく心理的な
  感銘を受けていることが予想され、

  その意見は、主観的なものとなりがちなところ、
  体験談を送付しなかった利用者の意見を調査することなく、
  一部の利用者から寄せられた体験談のみをサンプル母体と
  する調査は、

  無作為なサンプル抽出がなされた統計的に客観性が
  確保されたものとはいえず、客観的に実証された
  ものとは認められない。」とあります。 

  サントリーさんのやり方でよいのでしょうか?


A.サントリーさんの手法でOKです。

  1.たしかに不実証広告規制の通知にはご指摘のような
    記述があります。

  2.しかし、顧客満足度は、性質上、顧客に回答を
    求める以外にやり様がないので、体験者を対象とした
    調査でもそのことが明記されていればそれでよいと
    思います。

  3.「極の青汁」のLPでは「定期購入のお客様対象の調査」
    と明記しているのでこれでよいと思います。

  4.なお、不実証広告規制の通知はご指摘の箇所の前に
    「自社の従業員又はその家族等、販売する商品・
     サービスに利害関係を有するものの体験談を
     収集して行う調査は、

     サンプルの抽出過程において作為的な要素を含んでおり、
     自社に都合の良い結果となりがちであることから、
     統計的に客観性が確保されたものとはいえず、
     客観的に実証されたものとは認められない。」

     という記述があります。

     「お客様」は利害関係者であってはならないのは
     もちろんです。
 


7.14に対応した注記の仕方については
ホワイトペーパーを用意しました。


また、来月も7.14に関連したセミナーを行います。


☆1万円セミナー(食品開発展出展記念)

消費者庁7.14報告書もクリアーできる

ティーアップコンテンツを使ったブレークスルー戦略!

― メディカルコンテンツ・NO.1・日本初世界初 ―

↓   ↓   ↓