健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 141件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(3月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=76件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

厚労省・消費者庁の本音は?

私のオフィスのすぐそばに新宿御苑がありますが、
春は桜の名所です。


私の友人Aさんはそこで行われる安倍首相の
桜を観る会に招待されているそうですが、

予定通り行われるのか、籠池証言で段々雲行きが
怪しくなってきました。




さて、

別の友人、業界通のX氏がこんなことを言っていました。


1.だいにち堂さんのアイサプリの朝日新聞広告に
  対する措置命令は新聞広告審査のハードルUPを
  狙ったもの。

  今後は示唆する新聞広告がやりにくくなる。


2.誰もが知っている健食のテレビCMにもそのうち
  措置命令が下される可能性がある。

  事の発端は、例のみなと保健所。
  
  そうなると民放連が考査のハードルをUPせざるを
  えなくなる。


3.健食のエビデンスサイトに対する行政指導の
    動きもある。

  今後はエビデンスサイトの作り方にもノウハウが
    必要。


4.こうやって健食に対する媒体や手法の締め付けが
  どんどん進んで行く。

  消費者庁は厚労省に後押しされている。


5.4月から医薬部外品の範囲が広がるが厚労省は
  機能性表示を拡大するのではなく、
  そちらの方向に向かいたいようだ。



今年1-3月期に関して総括するムービーを作りました。


WEBでご覧になれます。

急速な動きに乗り遅れたくない方は是非ご覧下さい。


2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
アフィリエイト規制・みなと保健所の実態

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/6jVn79

衝撃の機能性表示受理事例そして 健増法をめぐる動き

関与成分「プロテオグリカン」、ヘルスクレーム
「膝の不快感の緩和」で受理されたB455もある意味
衝撃的な受理事例でした。


この事例のエビデンスはSR、採用文献は2報、
そのうち1報は私どものリエゾンである臨床試験機関
JACTAで行った試験のRCT論文を採用文献と
したものでした。


どこが衝撃的なのか?

4月14日のクローズドセミナーで
詳しくお話ししたいと思います。

10名限定クローズドセミナー

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/n0YSF6




さて、

美健ビジネスのプロモーション規制に関して
トリッキーな動きを見せているのが健増法です。


健増法は消費者庁のほか保健所も扱うことができ、
中でも活発な動きをしているのが、

東京港区の「みなと保健所」です。


港区には主要なテレビ局が本社を構えているため
テレビを中心に様々な動きが水面下で広がっています。


中でも注目されるのが、誰でも知っている健食のCM。


10年近くも放映を続け認知度抜群の健食CMも
やり玉に挙がっており、今後の推移が注目されます。


目まぐるしく水面下で変わっている美健ビジネスに対する
規制の動きと実務の変化を

今年1-3月期に関して総括するムービーを作りました。


WEBでご覧になれます。

急速な動きに乗り遅れたくない方は是非ご覧下さい。


2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
アフィリエイト規制・みなと保健所の実態

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/6jVn79


衝撃の機能性表示受理事例そして アフィリエイト規制の動き

関与成分「プロテオグリカン」、ヘルスクレーム
「肌のうるおい」で受理されたB450はある意味
衝撃的な受理事例です。


この事例のエビデンスはSR、採用文献は1報、
その論文において肌のうるおいは群間比較で有意差なし。


群内比較でも有意差はなく有意傾向のみ(P<0.1)。


なぜ、これで受理されたのか?


その謎は4月14日のクローズドセミナーで
解き明かしたいと思います。


10名限定クローズドセミナー

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170414_n.html




さて、

美健ビジネスのプロモーション規制に関して
今年第1クオーターの最大の動きは、

アフィリエイト規制をめぐる動きであったと
思います。


1.ある意味大型アフィリエイトサイトとも言える
  MERYはDeNA事件の余波でクローズのまま

2.化粧品のアフィリエイトサイトに対して準行政機関が
  警告

3.グーグルはアフィリエイトサイトに対する審査基準を
  厳格化

4.健食プレーヤー(広告主)においてアフィリエイトサイトを
  選別する動き(アフィリエイトサイトが理由で広告主が
  景表法違反を追及することを避けるため)


ざっとこんな感じでした。


目まぐるしく水面下で変わっている美健ビジネスに対する
規制の動きと実務の変化を

今年1-3月期に関して総括するムービーを作りました。


WEBでご覧になれます。

急速な動きに乗り遅れたくない方は是非ご覧下さい。


2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
アフィリエイト規制・みなと保健所の実態

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170400_n.html