健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、林田学です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 92件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(8月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=92件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

機能性表示最新情報25


YDCのミッシーです。


最近は受理の件数が比較的落ち着いて
いるように感じます。


とは言っても、昨年の11月以前のように、
受理自体が大幅に遅れているという訳では
ありません。


結果が返ってくるまでの期間はほぼ二か月を
切っていますし、

変更届などは早い場合だと、1週間から10日程です。


機能性表示の届出件数自体が落ち着いている、
という事なのでしょう。


そんな機能性表示ですが、このメルマガを
書いている時点で1000件に迫ろうとしています。


この内、届出の撤回があったものは
全部で18件です。


それぞれ撤回された日付を調べてみると、
八幡物産さんの「北の国から届いたブルーベリー」
が昨年の11月末。


これが全体としては8件目の撤回事例でした。


その後、9、10件目が、5月末の甲陽ケミカルさん
によるグルコサミンの2商品の撤回です。


各社様々な理由はあるようですが、
5月末~6月末までのわずか一か月の間に、
10件もの届出撤回があったというのは驚きです。


機能性表示の受理件数が落ち着いている裏では、
制度的には何か大きな変化が起こっている、
そんな感じでしょうか。


そのなぞは林田先生が8月2日のセミナーで
解き明かしてくださることでしょう。


すでに受理された方も、なかなか受理されない方も、
これからやる方も、健食でやり続けたい方も

健食プレーヤー必聴の水面下の最新情報!

刈り取りが始まった機能性表示!機能性表示に大異変!!
どうなる?これからの健食規制

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/ALVhnH



では、またメールしますね。


ミッシー

機能性表示最新情報24

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


今週から金曜日に移動した機能性表示情報の
ご紹介です。


週末ではなくなりましたので、「今週の」から

「最近の機能性表示紹介」に改名ですね。



さて、

最近の機能性表示紹介です。


C49 還元型CoQ10(コエンザイムキューテン)150

「本品には還元型コエンザイムQ10が含まれます。

 細胞のエネルギー産生を助け、酸化ストレスを
 緩和する働きがある還元型コエンザイムQ10は、
 日常の生活で生じる一過性の身体的な疲労感を
 軽減することで、

 日々の軽い身体的活動量(1日の歩行数)を
 維持する機能があることが報告されています。

 本品は身体的な疲労を自覚している方に
 適した食品です。」


届出者はファインさんです。


身体的活動量(1日の歩行数)が初出の表現と
なっています。


SR自体は他のCoQ10の事例と同じものにも
かかわらず、 

1日の歩行数が言えているのは、
NO.3の論文によるものです。


NO.3の論文は150mgで歩行数がアウトカムです。


他の事例は1日の摂取量100mgの為に
これを使えていませんでした。


従来の事例:
「――日常の生活で生じる一過性の身体的な
 疲労感の軽減に役立つことが報告されています。」

C49:
「――日常の生活で生じる一過性の身体的な
 疲労感を軽減することで、

 日々の軽い身体的活動量(1日の歩行数)を
 維持する機能があることが報告されています。」



C49の還元型コエンザイムQ10は含有量が
150mgのため、

「日々の軽い身体的活動量(1日の歩行数)」が

言えているわけですね。

機能性表示最新情報23

こんにちわ。

YDCのミッシーです。


消費者庁の調査によると、
特保の消費者認知が低下する一方、
機能性表示食品の認知度は微増しているそうです。


とはいえ、全体の割合からみると、
機能性表示は1割強という事で、

まだまだなのかなと思います。



さて、

先週も取り上げた甲陽ケミカルさんの
グルコサミン撤回ですが、これには深い問題が
ありそうです。


SR自体の問題点に波及する可能性も
あるかもしれません。


その点について無料レポートにまとめましたので、
ご興味のある方は、

表題を「7/1無料レポート希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号
・他社のあの広告大丈夫事例


他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し
どこが大丈夫?と思うかを明記の上、

info@yakujihou.com(中田)まで
お申込みください。


では、またメールしますね。


ミッシー