健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 141件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(3月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=76件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

機能性表示最新情報

こんにちわ。

YDCのミッシーです。


コンビニなどでも機能性表示食品のチョコレートなどを
目にする機会が増えてきたように思います。


機能性表示もだいぶ市民権を得てきたのかなあと感じる
今日この頃です。


さて、

今週の機能性表示はRCT事例の紹介です。


B544 プロテオエース 関与成分:サケ鼻軟骨由来
プロテlオグリカン

「本品にはサケ鼻軟骨由来プロテオグリカンが含まれて
  います。
  
  サケ鼻軟骨由来プロテオグリカンは、ひざ関節の柔軟性
  ・可動性をサポートします。

  歩行や階段の上り下りが気になる方に適しています。」
 

届出者はスマイル・ジャパンさんです。


プロテオグリカンは受理事例全体としてはこれで5例目ですね。


以前のプロテオグリカンの受理事例については、
先週のセミナーで林田先生もお話になっていました。


なかなか、興味深い事例です。


何が興味深いかについては4/14セミナーテキストを
ご覧下さい。

税込1万円で絶賛販売中です。


お申し込みは 担当の中田宛に、下記要領で

表題を「4/14セミナーテキスト希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号

を明記の上

info@yakujihou.com(中田)まで

お申し込みください。


セミナーテキストの目次は下記のとおり。


Part1.最近の拒否事例の実態

1.認めるヘルスクレーム
 1.受理件数は増えても下記21以外は増えない
 2.トリッキーな既受理事例

2.拒否事例1ヘルスクレーム
 1.美肌
 2.肌のかゆみ
 3.バスト
 4.育毛
 5.性機能
 6.頻尿
 7.鼻
 8.立ちくらみ・皮膚温度
 9.アルコール
 10.免疫

3.拒否事例2病者・病気
 1.肥満
 2.学会の基準などがないケースは
   有力医師の意見が有効
 3.しかし、頑として認めない領域もある

<小括>

4.拒否事例3エキス
 1.エキスが通りにくくなっている
 2.ノコギリヤシエキス

5.拒否事例4除外成分
 1.除外成分もうるさくなって来た
 2.例1
 3.例2

6.アンバランスな処理
 1.群間有意差なし
 2.作用機序と疾病予防 


Part2.対策編:如何にして受理させるか

1.経産省グレーゾーン解消制度 
2.規制改革会議
3.大使館、USTR
4.その他


<小括>

 1.消費者団体
 2.むしろ怖いのは同業者


Part3.改訂ガイドライン



GWのため来週、再来週はお休みしますので
次回は5月13日となります。



ミッシー

一般化粧品でしわ伸ばし訴求。無料レポートあり

今日のテーマは、「一般化粧品でしわ伸ばし訴求」です。


28日よりヨーロッパに出張するので忙しくしています。


パリでまた襲撃事件があり、日本にいるのが一番安全だよ
という人もいて、複雑な心境です。


さて、

今日の朝日新聞に、しわの解消をうたえる部外品
―これまでのところ承認されたのはポーラと資生堂の商品のみー
が売れているという記事がありました。


もし、ポーラや資生堂に続きたいという会社さまが
いらっしゃったら是非お問い合わせください。


この承認基準を決めた女子医大の教授も支援して
くださいます。


お問い合わせは、

info@yakujihou.com (中田)まで

ご連絡ください。



また、部外品でなく一般化粧品で行うことも
可能です。

 
こちらは物理的効果でしわが伸びることが
証明できることが条件です。


私はそういう化粧品もサポートしており、
もうすぐマーケットインします。


それに続きたいという会社さまも
お問い合わせは、

info@yakujihou.com (中田)まで

ご連絡ください。



このタイプはビフォーアフターが禁止されている
化粧品広告の例外で、

ビフォーアフターを示すこともできます。


以前、3月5日のメルマガで取り上げました。


平成25年4月8日の粧工連通知が根拠です。

曰く

「4(2).使用前・使用後の図面、写真等について」で、

 「口紅の色の説明やファンデーション、アイシャドウ等
  によるメーキャップの効果を、素顔との比較によって
  「化粧例」或いは「仕上がり感」として示すことは
   差し支えないものとする。」

と述べているからです。

この記述は純粋のメーキャップ化粧品だけを対象と
しているように読めますが、物理的効果の化粧品も
対象とすると解釈されています。


粧工連の化粧品広告ガイドラインをよく読むと
そう読めます。


また都庁の担当官も個人的見解と断った上で
その旨を述べていました。


この点について詳しいことを知りたい方は
表題を「4/21無料レポート希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号
・他社のあの広告大丈夫事例


他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し
どこが大丈夫?と思うかを明記の上、

info@yakujihou.com(中田)まで
お申込みください。


では、またメールしますね。

口臭訴求は機能性表示か健食か部外品か?

先日、赤坂の料理屋「浅田」で会食しました。

ここは以前は料亭だったのですが、料亭が下火になるにつれ、
料亭風料理屋にイメチェンしています。


3月一杯で赤坂で老舗の料亭「口悦」もクローズとなり、

元気がいいのはブラタモリで紹介された「金龍」だけ
のようです。


赤坂料亭も新しい視覚が必要なのかもしれません。



さて、

このメルマガの日曜版、「ナベ」バージョンで
ドライマウスと化粧品を取り上げたところ結構反響が
ありましたので、

今日は摂取する口臭対策商品について取り上げることに
しました。


ここも新しい視覚が必要な気がします。


まず、機能性表示ですが、現状、「口臭訴求」は
頑として認めません。


弱いクレームだと「単なる美容効果は範囲外」と言われ、
強くすると「疾病予防」と言われます。


ここを切り崩すにはサムシングエルスが必要です。


次に健食は、フックワードマーケティングが可能です。

つまり、香り成分を入れておいてマスキングロジックで
「口臭予防」を言うありがちな手もあれば、

口腔内の常在菌をサプリに乳酸菌として配合して
「オーラルケア」を言う手もあります。


そして部外品だと、マウスウオッシュタイプは
問題ありませんが、

飲み込むタイプだとどうでしょうか?


そこは5月25日のセミナーで
お話しましょう。

早割は4月25日(火)までです。


厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN