健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 141件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(3月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=76件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

森下仁丹オンジ 対 機能性表示 対 一般健食

今月は自民党の各派閥の政治資金集金パーティが
集中していました。

もしかしたら6月に解散があるかもしれないとの
読みに基づくようです。


とは言っても森友問題はこのまま終息して行きそう
ですので新たな争点が必要です。


北朝鮮でしょうか?



さて、

昨日も書きましたように、4月からの医薬部外品の規制緩和、
OTC漢方の規制緩和は知る人ぞ知るビジネスチャンスで

一般のプレーヤーはこのメルマガを読んでいる人を除き、
何も知らぬまま気がついたら顕在顧客・潜在顧客を
奪われていくということになります。


そんな中で登場した森下仁丹さん(通販)+ロート製薬さん
(店販)連合軍のOTC漢方「キオグッド」。

生薬のオンジをフィーチャーしたもので、今、
注目の商品です。


言える効能はズバリ「物忘れ改善」。

パッケージには脳の絵がはっきり描かれています。


これが機能性表示だと、イチョウ葉かDHAで、
「認知機能の一部である記憶力の維持」。


最近の運用だと、パッケージに脳の絵を入れることは
認めません。


これはOTC漢方の規制緩和を慮ってのことのようにも
思えます。


他方、一般健食のエビデンスマーケティングとして
この分野を攻める商材は未だありませんが、

エビデンスを整えればそれも可能です。


消費者に刺さるのはどのマーケティングなのでしょうか?


こういうマッピング&比較が今後の健食ないし
健食類似商品マーケティングには求められるようになります。


時代は刻々と変化していきます。


乗り遅れたくない方は5月25日のセミナーに
ご参加ください。

早割は4月25日(火)までです。


厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN


ヒミツの厚労省

私が原色のシャツが好きだという話は以前書いた
ことがあります。

調子に乗って、ブルー、グリーン、ピンクと
明るい原色のシャツを着ていたところ、

「年を考えなさい。痛いわよ」と妻に
言われてしまいました。


個人的には原色を着ていた方が若く見えると
思うのですが・・・



さて、

原色のようにはっきりしないのが厚労省の
NOTIFICATIONです。


来月のセミナーの案内を見た人から

「医薬部外品の規制緩和もOTC漢方の規制緩和も、
 どこにも出ていないけれど・・・」

というお問合せを受けました。


確かにそうなんです。


この情報は業界団体にしかNOTIFICATIONされて
いないのです。


厚労省が築いてきた社会はムラ社会で、ネットにも
出ない情報が実は沢山あります。


そこで厚労省OBを招いて来月のセミナーを
行なうことにしたのです。


ご期待ください。


☆5月25日(木)開催

厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN

インフォマの異変

先週の金曜日の機能性表示セミナー

「機能性表示。
 最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン」

は大変緊迫感のあふれるセミナーとなりました。


「具体的事例の開示は大変参考になりました。水面下での
 行政の動き等もイメージが得られ大変参考になりました。」

「多数の取組み事例を聞けて、大変参考になりました。」

こんなアンケートもいただきました。


セミナーテキストのみ(税込み1万円)のお申込みも
10件を超え、今週も継続することにしました。

お申込みは、
表題を「4/14セミナーテキスト希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号

を明記の上

info@yakujihou.com(中田)まで
お申し込みください。


目次はこんな感じです。


Part1.最近の拒否事例の実態

1.認めるヘルスクレーム
 1.受理件数は増えても下記21以外は増えない
 2.トリッキーな既受理事例

2.拒否事例?ヘルスクレーム
 1.美肌
 2.肌のかゆみ
 3.バスト
 4.育毛
 5.性機能
 6.頻尿
 7.鼻
 8.立ちくらみ・皮膚温度
 9.アルコール
 10.免疫

3.拒否事例?病者・病気
 1.肥満
 2.学会の基準などがないケースは
   有力医師の意見が有効
 3.しかし、頑として認めない領域もある

<小括>

4.拒否事例?エキス
 1.エキスが通りにくくなっている
 2.ノコギリヤシエキス

5.拒否事例?除外成分
 1.除外成分もうるさくなって来た
 2.例?
 3.例?

6.アンバランスな処理
 1.群間有意差なし
 2.作用機序と疾病予防 


Part2.対策編:如何にして受理させるか

1.経産省グレーゾーン解消制度 
2.規制改革会議
3.大使館、USTR
4.その他


<小括>

 1.消費者団体
 2.むしろ怖いのは同業者


Part3.改訂ガイドライン




さて、

3月期のBSでのCM占有率に異変がありました。


常連のA社がB社に首位の座を譲ったのです。

A社はサプリの健食通販の雄ですが、例のみなと保健所が
一つのネックになっているのかもしれません。


みなと保健所の動きについては、最新状況の動画解説、

「2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

 機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
 アフィリエイト規制・みなと保健所の実態」

 ↓   ↓   ↓ 

 https://goo.gl/6jVn79


WEBセミナーをご覧下さい。



他方、

B社は医薬品通販です。


みなが踏み入れなかったインフォマでの医薬品通販で
売上をグイグイ伸ばしたB社の着眼点は脱帽ものです。


詳しいことは来月のセミナーでお話しましょう。


☆5月25日(木)開催

厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN