健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 141件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(2月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=74件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

結果が出ても「食事制限や運動の併用の結果」と うたわなければならない?

こんにちは。YDCのナベです。 


薬事の現場で生じるお悩みを 
取り上げています。 


今回は、結果が出ても「食事制限や運動の併用の結果」と 
うたわなければならない?です。 


Q.ダイエットサプリで臨床試験をしたところ、 
  食事制限や特段の運動なしでも減量するという 
  結果が得られました。 

  それでも「食事制限や運動併用の結果」と 
  うたわなければならないのですか? 


A.そうです。 

1.健増法や景表法の規制の中には、エビデンスが 
  あろうがなかろうが絶対に認めない領域が 
  あります。 

2.「病気の治療や予防」がそうですし、「食事制限や 
  特段の運動なしのダイエット」もそうです。 

3.よって、ダイエットを訴求するのであれば、 
  「食事制限や運動の併用の結果」は、必ず 
  うたわなければなりません。 

4.詳しくは、「健康食品に関する景品表示法及び 
  健康増進法上の留意事項について」(平成28年6月30日) 

  薬事法ルール集 13.不当表示 C. 
  http://www.yakujihou.com/content/pdf/13-C3.pdf 
   
  をご覧下さい。 



今回も「なるほど」ですね。 


また、メールしますね。 


ナベ 

かずのすけさんもスキンケア大学さんも



インフルエンザならぬ「インフルエンサー」という 
ワードがあります。 


「影響を与える人」という意味ですが、 

SNS隆盛の現在、個人であってもメディアとして 
無視できなくなって来ています。 


たとえば、インスタグラム。 


フォロアー3万人以上いると「インフルエンサー」として 
広告代理店はアプローチし、 

「この商品を紹介してくれないか」 
「このショップを紹介してくれないか」 

と声を掛けているようです。 



さて、 

来週21日のセミナーの一つの目玉は事例研究。 


いろんなメディアを取り上げ、その適法性や 
マーケタビリティを検討します。 


その中の一つに「かずのすけの化粧品評論と美容化学に 
ついてのぼやき」というブログがあります。 


ご存知の方も多いかもしれません。 

アメブロの人気ブログです。 


化学者であるかずのすけさんがいろんな化粧品を 
かなり手厳しく批判すると共に、 

ご自分がプロデュ―スした化粧品を積極的に 
プロモーションしています。 


このブログを21日のセミナーで取り上げてほしいという 
リクエストがあったので、 

事例として取り上げることにしました。 


もう一つスキンケア大学さん。 


こちらは個人のレベルではなく、DeNAメディアが沈んだ今、 
有数のメディアとして浮上しています。 


こちらもリクエストが多いので、事例研究として 
取り上げることにしました。 


詳しいは21日のセミナーで 
お話しましょう。 


DeNA事件から2か月 

メディアサイト・アフィリエイトサイトは今後どうなるのか? 

広告主は今後新規獲得戦略をどう組み立てたらよいのか? 


↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/ZKlTjm 

今後のメディアサイト・アフィエイトサイトは?(その4)



一昨日のクローズアップ現代で、 
機能性表示が取り上げられていましたが、 

とてもネガティブな内容でした。 


特に主婦代表という意味で出演されたであろう 
山田まりやさんが、 

台本どおりにネガティブな内容を話しているという 
感じが印象的でした。 


行政の意向を垣間見る思いがしたのは 
私だけでしょうか? 



さて、 

今週はずっとDeNA事件の健食・化粧品分野での余波について 
話して来ました。 


今日は、その締め括りとして賢者の世界の話をしましょう。 


DeNA事件とその余波を見ていて、賢者は多分二つのことを 
考えています。 


一つは、健食・化粧品分野のメディアサイトは 
今、ビジネスチャンスだということ。 


これは、今週のメルマガを読めばお分かりになるでしょう。 


もう一つは、規制の変化に強いのはプラットホームビジネス 
だということ。 


つまり、プラットホームを作ってそこに外部者が 
コンテンツを埋め込むモデルであれば、 

規制の変化の直撃を受けるのは外部者でプラットホームは 
安泰です。 


私がDeNAの経営者ならば、コンテンツクリエイトに資金を 
投入するのではなく、 

プラットホームクリエイトに資金を投入すればよかったと 
後悔していると思います。 


そこから次のビジネスモデルが見えて来ます。 


それは何なのか? 


詳しいことは21日のセミナーで 
お話しましょう。 


DeNA事件から2か月 

メディアサイト・アフィリエイトサイトは今後どうなるのか? 

広告主は今後新規獲得戦略をどう組み立てたらよいのか? 


↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/ZKlTjm