健康食品機能性表示の届出支援・広告サポート|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、林田学です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 109件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(2018年1月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=109件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

葛の花措置命令へのカウントダウン(6)/消費者庁との司法取引そしてロビイング(3)

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


私は明日から中国出張で上海と香港に行って来ます。


私どものクライアント様の中には中国で週2億円の売上を
上げておられるところもあり、

中国進出のサポートを求められています。


また、美健分野において中国企業で日本への進出を
考えている企業も沢山いらっしゃるのですが、

何せ書かれざるルールばかりのこの分野。


法律や制度の訳文だけ読んでも現実は
全くわかりません。


たとえば、2001年に化粧品成分が原則自由化され、
そのネガティブリストに上がっていなかった

CoQ10をいち早く化粧品に配合して2004年に発売した
DHCさんの化粧品がなぜ販売停止になったのか等、

日本における書かれざるルールのウラ話を聞きたい
ということで、私が英語で中国企業向けにセミナーを
やることになりました。


さて、

今回の葛の花広告問題で消費者庁から追及を受けた
プレーヤーさんが漠然と処分を待つのではなく

様々なリアクションを起した一つの原因は課徴金に
あると私は見ています。


昨年の4月にスタートして約1年半。


まだ5件しか事例はないのですが、
当事者であるプレーヤーさんにとっては大変な脅威と
なっています。


おそらく、その原因は(1)「課徴金」というワードの
ニュアンスの強さと(2)売上を細かく調べられることの
気味の悪さ、にあるのではないかと思います。

今回、任意の謝罪広告を出した企業は課徴金の算定時期月を
STOPさせるために行ったと報道されていますが、

それにとどまらず、課徴金自体何とか止めてほしいと
思って行っているところもある模様。


罪(違反)は認めて謝罪広告出すから課徴金だけは
勘弁してほしいと懇願しているプレーヤーさんも
あるようです。


そうしたプレーヤーさんがどうなるかも
見どころです。



☆葛の花広告に措置命令!

どうすればいいのか、今後の広告制作!

水面下の情報を含め今後の指針を示します。

↓   ↓   ↓ 

葛の花措置命令へのカウントダウン(5)/消費者庁との司法取引そしてロビイング(2)

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


今日はハロウィンですね。


バブルのころ私はとてもパーティ好きでした。


ホテルのスィートルームでパーティやったり、
三井家邸宅跡のようなレアプレイスでパーティやったり、

逗子マリから船出してクルーザーでパーティやったりetc。


ハロウィンパーティもやってましたが
その当時ハロウィンパーティは少数でした。


それから約30年弱経ち、ハロウィンパーティもすっかり
メジャーになりました。


さて、

葛の花広告で消費者庁から追及を受けたプレーヤーさんは
様々なリアクションを採っており、

そのリアクションの効果を見定める上で、
今回の措置命令はとても重要な先例となります。


昨日は、任意の謝罪広告を行った上でさらに商品を
終売するというリアクションに触れましたが、

任意の謝罪広告を出したこれまでの12社の多くは
商品販売は続ける方針です。


この点で差が出るかどうかは見どころです。


さらに、消費者庁から追及を受けたプレーヤーさんの
中にはロビー活動に走ったプレーヤーさんもおられます。


先週措置命令が出なかった一つの原因は総選挙が
行われた点にもあるように思います。


ロビイングの成果がどうなるのか、ここも見どころです。



☆葛の花広告に措置命令!

どうすればいいのか、今後の広告制作!

水面下の情報を含め今後の指針を示します。

↓   ↓   ↓ 

葛の花措置命令へのカウントダウン(4)/消費者庁との司法取引そしてロビイング(1)

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


先週の金曜日に葛の花広告に対する措置命令が出るかと
思われましたが、延期されました。


どこを対象にするかで最終調整しているようです。


さて、

この「対象企業」という点では今回の措置命令は
今後の皆様のスタンスを決める上で

とても重要な先例となります。


まず、前提として押さえておかなければならないことは、
これまで何度も説明しましたように、

今回の措置命令の基準は、「外見上、身体の変化を
認識できるまでの腹部の痩身効果」という基準、

即ち、「見た目基準」という新しい基準です。


ウエストが細くなるというエビデンスがあるかどうか
ということで決まるならば、

私どもが用意したエビデンスや東洋新薬さんが用意した
追加エビデンスで対応できたのですが、消費者庁は
そこを踏まえて、

ウエストが減ることはエビデンスで証明できるかも
しれないが、写真や動画やマンガでイメージさせているほど

外見上明らかに減るわけではないでしょうという
見た目基準を今回全く新しく採用しました。


それゆえ、エビデンスで対応するという正攻法に立った
プレーヤーさんでも今回消費者庁はアウトにすることが可能です。

(今まで制限時速60キロだったのでそれに合わせて走っていたら、
何の予告もなく「実は昨日から制限時速50キロに変えました」
と言われて切符を切られている感じです)


したがって、今回、消費者庁は、葛の花広告を行っていた
あらゆるプレーヤーさんを措置命令の対象とすることが
できます。


しかし、しないこともできます。


なぜなら、措置命令を下すか否かの内部基準として

「事業者が既に行っている自主的な改善行為
(一般消費者への周知、再発防止等の実施)の有無」

という基準があるからです。


この基準により、今回の葛の花広告に対しどの企業を
対象とするか

消費者庁は全くのフリーハンドの立場に立っているのです。


他方、対象企業が採ったリアクションは様々でした。


まず、エビデンスで対応するという正攻法に立った
プレーヤーさん。


前述のとおり今までにない基準を予告なく立てられた
ことにより形勢不利です。


次に、任意の謝罪広告を出した上で商品の終売を決定した
プレーヤーさん。


謝罪のスタンスを最も強調したプレーヤーさんと
言えます。

彼らがどう扱われるかは重要な見どころの一つです。


しかし、もっと見どころの部分もあります。


詳しいことは11月17日のセミナーで
お話ししましょう。


☆葛の花広告に措置命令!

どうすればいいのか、今後の広告制作!

水面下の情報を含め今後の指針を示します。

↓   ↓   ↓