健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 141件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(2月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=74件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

今後のメディアサイト・アフィエイトサイトは?(その3)



先日、健食のマーケティングの相談を受けました。 


訴求したいのは「素肌が若返る」。 


まず検討すべきは機能性表示ですが、 
昨日も書きましたように機能性表示の現状は限定開放。 


美肌は「保湿」のみ。 

「素肌が若返る」は到底無理。 


次に検討すべきは一般健食のエビデンスマーケティング。 


こちらは10通りくらいやり方があります。 


詳しいことは1月27日のセミナーで 
説明しましたので、 

ご興味のある方はそちらをご覧下さい。 

↓   ↓   ↓  

http://www.yakujihou.com/seminar/20170127_n.html 



さらにアフィリエイトやメディアサイトなど 

第三者を新規獲得にどう活用できるのかも 
検討する必要があります。 


ここは今急速に規制と受け皿が 
変化しているところで、 

そのことを21日のセミナーで詳しくお話します。 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/ZKlTjm 




さて、 

昨日は、DeNA型のキュレーションサイトが 
健食・化粧品分野から姿を消したため、 

従来型のアフィリエイトサイトが新規獲得を 
伸ばしているが、 

それは長続きしないだろうということを書きました。 


その理由は行政規制の流れです。 



行政がDeNA型に軽くジョブを当てただけで、 
キュレーションサイトの浄化は一気に進んでいます。 


これは、まさに規制側が望んでいた構図です。 


しかし、そこで従来型のアフィリエイトサイトが、 
マーケットシェアを伸ばしたのでは、 

規制側の意向に逆行します。 


そこで、規制側は従来型のアフィエイトサイトの浄化を 
狙った施策を今後取るのではないかと思います。 


その中でとっかかりとして可能性が高いのは、 
健増法違反の警告メールです。 


健増法違反の警告メールについては、このメルマガで 
何度も紹介していますが、 

その見本をお待ちでない方には、差し上げますので 
よく検討して下さい。 


ご希望の方は、 
表題を「2/9警告メール希望」として 

・会社名 
・ご担当者名 
・メールアドレス 
・電話番号 
・他社のあの広告大丈夫事例 


他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し 
どこが大丈夫?と思うかを明記の上、 

info@yakujihou.com (中田)まで 
お申込みください。 



詳しい分析は21日のセミナーで 
お話しましょう。 


DeNA事件から2か月 

メディアサイト・アフィリエイトサイトは今後どうなるのか? 

広告主は今後新規獲得戦略をどう組み立てたらよいのか? 


↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/ZKlTjm 

今後のメディアサイト・アフィエイトサイトは?(その2)



「開放領域」というワードがありますが、 
現在の機能性表示はそんな感じです。 


限られた分野のみ許されているという状況です。 

たとえば、肌なら「肌のうるおい」のみ。 


それ以外を開放する気はなさそうで、 
ニーズが盛り上がっている、 

いわゆる「日傘サプリ」系の表現などは絶望的です。 




さて、 

昨日はキュレーションサイトは健食・化粧品からの 
撤退を図るもの、 

私どものような薬事専門機関との結び付きを深めて 
拡大を狙うもの 

に2分されつつあるという話をしました。 


その量を全くのイメージで言うと、7:3というところでは 
ないでしょうか? 


つまり、撤退組の方が拡大組よりはるかに多く、 
キュレーションサイトの供給が需要に追いついていない 
感じがします。 


そこで、今、漁夫の利を占めているのが、従来型の 
アフィリエイトサイトです。 


つまり、記事中心ではなくひたすら特定の健食や化粧品を 
プッシュするアフィリエイトサイトです。 


DeNA型のSEOに強かったサイトないし記事が、 
健食・化粧品分野の検索上位表示から消えたため、 

従来のアフィリエイトサイトが新規獲得を増やしています。 


ただ、私はこの現象は長続きしないと思います。 


その理由は21日のセミナーで詳しく 
お話しましょう。 


DeNA事件から2か月 

メディアサイト・アフィリエイトサイトは今後どうなるのか? 

広告主は今後新規獲得戦略をどう組み立てたらよいのか? 


↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/ZKlTjm 


今後のメディアサイト・アフィエイトサイトは?(その1)


多分、ご存知と思いますが、お伝えしたいことが多くて 
最近は土日も配信しています。 


先週土曜のメルマガに、 

”認知に「中高年の加齢に伴う」が要求されるように 
なってきた”と書いたところ、 

B366、367はそうではないがなぜか? 
というお問い合わせがありました。 


その答えを知りたい方は、 

御社の機能性表示の取り組み状況をお書きの上、 

表題を「2/7回答希望」として 

・会社名 
・ご担当者名 
・メールアドレス 
・電話番号 
・機能性表示の取り組み状況 

を明記の上、 

info@yakujihou.com (中田)まで 
お申込みください。 



さて、 

DeNA事件でいわゆるキュレーションサイトは今大きく 
変わろうとしています。 


方向は2つに分れます。 


一つは、DeNA事件における薬事法の問題とその解決法が 
一般報道ではよく読めないため、 

健康食品や化粧品と言った薬事法とガチンコの分野で 
記事を作ることを止め、 

女性のライフスタイル、美容一般、健康一般にシフトし、 
健康食品や化粧品はバナー広告やアドセンスに留めるもの。 


昨日書いたグーグルのアルゴリズムのUP GRADEは、 
この方向にさらに拍車をかけるものと思われます。 


つまり、UP GRADEされたアルゴリズムに耐えられる 
ためにはコピペ中心ではなくオリジナル中心で記事が 
書ける人材が必要ですが、 

健康食品・化粧品分野でそういうライターを見つけることは 
容易ではなくコスト高になってしまうのです。 


もう一つは元々健食や化粧品に特化してやっており 
ライターも抱えているため、 

グーグルのUP GRADEにも耐えられるサイト。 


彼らは、残る問題は薬事だけなので、私どものような 
薬事専門機関と結びつきを深めて、 

事業の拡大を狙っています。 


WEBの世界の展開はスピーディです。 


流れに取り残されたくない方は、 
21日のセミナーをお勧めします。 

早割は2月7日(火)本日までです。お早めに。 


DeNA事件から2か月 

メディアサイト・アフィリエイトサイトは今後どうなるのか? 

広告主は今後新規獲得戦略をどう組み立てたらよいのか? 


↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/ZKlTjm