健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、林田学です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 86件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(6月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=86件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

ひざ痛のリーガルマーケティング

新宿高島屋の隣にある私どものオフィス。

来月8日に引っ越すことにしました。


今のオフィス、便利でとても気に入っているのですが、
隣のビルから4棟取り壊され再開発。

新宿南口に新しいエリアを作るようです。


それは、楽しみなことなのですが、地面をどんどん
掘り込んで行く騒音振動がひどく、

たまりかねて200mくらい伊勢丹デパート寄りに
移動することにしました。


わずか200mくらいの移動なので電話番号は
変わりません。


さて、

ビジネスの世界も規制やらマーケティングやら
日々動いていきます。


その状況を的確に捉えてポジショニングを決めて
いかないとなかなか成功には結び付きません。


今日は、ひざ痛のリーガルマーケティングについて
商材別にお話ししましょう。


まず、一般健食。

M社さんが「オオイタドリ」でグイグイ売上を
伸ばしておられましたが景表法違反で指導を受け、

大きく売上を落としたようです。


一般健食で勝負するのであれば、しっかり
エビデンスを備え、最新の規制情報もふまえた上で、

精微なエビデンスマーケティングを展開する
必要がありそうです。


次に医薬品。

富山常備薬さんが関節痛対策を訴求する
リョウシンJVでどんどん売り上げを
伸ばしておられます。


入口を1900円としておられるのでこれが業界水準値に
なっている感があります。


テレビ・新聞は富山さんの独壇場になっているので、
狙うとしたらWEBで攻めるしかないように
思います。


そして機能性表示。

グルコサミンやUC2を使えば膝訴求は可能です。


但し、「ひざ関節の違和感」「ひざ関節の動きの悩み」
といった表現までで、「痛み」は運用上認めてくれません。


最近、富山さんが、グルコサミン塩酸塩で機能性表示を
取得されましたが(C4)、

リョウシンJVで新規獲得し、途中から機能性表示に
スイッチしてLTVを伸ばす(医薬品でLTVを伸ばす
のは至難の技なので)という戦略ではないでしょうか。


以上に加え、最近グイグイ伸びている手法があります。

それはどういう手法なのか?


ご興味のある方は、

表題を「6/12回答希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号
・他社のあの広告大丈夫事例


他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し
どこが大丈夫?と思うかを明記の上、

info@yakujihou.com(中田)まで
お申込みください。


また、7月6日のセミナーで
リーガルマーケティングの極意を学んで下さい。


当社がコンサルした美容系単品通販2社は
2年で年商50億を突破!!

美容系単品通販

最先端のリーガルマーケティング戦略!  


早割は6月16日(金)まで

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170706_n.html

満員御礼の医薬品通販セミナーと機能性表示に 対する措置命令

先週も書きましたが25日の医薬品通販セミナーは
予想もしなかった大人気でリアルの参加は
満員となりました。


多数のお申し込みありがとうございました。


1.どうしても見たいという方は、WEB視聴を
  お申し込み下さい。

>>> http://www.yakujihou.com/seminar/mail/index.html


2.また、医薬品通販を立ち上げたいという方は、
  
  info@yakujihou.com(中田)までご連絡ください。


3.1.2いずれも、数年で年商30億に到達する
  ノウハウをレクチャーします。



さて、

フォローウィンドの医薬品通販に対し
雲行き怪しいのが機能性表示です。


21のヘルスクレーム以外はどうあがいても
認められないという話はこのメルマガでも
何度も書いていますが、

既に受理されている21のヘルスクレームに関しても
その商品広告に対する措置命令が出るかもしれません。


特にいろんなプレーヤーさんが取り組んでいて
メーカーさんの生産が追い付かないというような
領域は、

いろんな方々のいろんな想いもあって、
危ない気がしています。


機能性表示の改定ガイドラインは当分先に
なりそうですが、

措置命令が出た後で、お灸を据えるような
厳し目のガイドラインが出て来そうな気がします。


機能性表示を検討されている方は、
この危険な領域をはずして、

年内に届出を済ませることをお勧めします。

この点も25日のセミナーでは
お話します。


厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。(WEB視聴のみ受付)

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN

消費者庁からの警告メールの対策は?(その3)

昨日、消費者庁から発せられる警告メールから
措置命令に至る最悪のシナリオを示したところ、

その過程で渡される文書について沢山のリクエストを
頂きました。


みなさまの関心の高さは並々ならぬようです。



さて、

この最悪のシナリオを避けるにはどうしたらよいのか?


多くの人は、LPの表現を直して、呼出しがあったら

ひたすら謝る(あるいは謝り倒す)という行動に出ますが
これは得策ではありません。


謝ったことで「違反の事実を自ら認めた」と言われて
措置命令に至ったケースもあります。


謝るのであれば違反したことを謝るのではなく
(違反したことを認めるわけではないが)

ご迷惑をおかけしたことを謝るというスタンスに
立つべきです。


重要なのはやはりエビデンスです。


この時点でLPの表現を直したとしても、記録は
取られており、

「いつからいつまで違反していた」と示されて
措置命令に持って行けるので、

表現を直すことは必要ですが、それで一件落着と
いうわけにはいきません。


呼出しがあった後にエビデンスを備えることにも
意味があります。


警告メールには「2.効果・性能に関する表示を行う場合には、
その根拠となる実験結果、データ等を用意しておく必要が
あります。」

とあるので、広告時にエビデンスを持っておくことが
必要なのでありこの期に及んでエビデンスを備えても

Too Lateではないのかと思うかもしれませんが
そうではありません。


それはなぜなのか?


詳しいことを知りたい方は

表題を「6/6回答希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号
・他社のあの広告大丈夫事例


他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し
どこが大丈夫?と思うかを明記の上、

info@yakujihou.com(中田)まで
お申込みください。

(6/2・6/5分で他社事例を示している方はリクエスト
 だけで結構です)