健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、Mike Hayashida(林田学)です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 141件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(3月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=76件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

▶ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

◎課徴金制度について

機能性表示最新情報

こんにちわ。

YDCのミッシーです。


最近、ニュース番組で「もやし」の特集を何度か
目にしました。


「もやし」といえば安くて手軽な野菜の代名詞ですが、
その安さゆえに生産者は困窮しているとか。


さて、

こんな話をしたからには、今週の機能性表示紹介は
もうお分かりかと思います。

B519 オーガニック大豆もやし 

「本品には大豆イソフラボンが含まれます。大豆
  イソフラボンは骨の成分を維持する働きによって、
  骨の健康に役立つことが報告されています。」


届出者はイオントップバリュさん。関与成分は大豆
イソフラボンで、骨について言及しています。


そして久しぶりの生鮮食品による受理事例。


機能性表示食品では生鮮食品も認められていますが、
受理事例は非常に少ないです。

 
800件を超える受理事例の中で生鮮食品はたった7件のみ。


しかもその内訳は、もやしが4件、ウンシュウミカンが
3件といった具合です。


果たしてこの2種類以外の生鮮食品が届出されるのか、
もやし生産者の今後と共に注目したいですね。


機能性表示をご検討の方は必須のクローズドセミナー、
好評につき増席決定!


機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/n0YSF6



ミッシー

クリニックマーケティングが大きく変わります。 どうなるB-A?

先週も書きましたが、クリニック広告をパトロール
するための予算4千万円超が承認され

夏頃からクリニックのWEB広告についてパトロールが
始まると思います。(業者に委託)


4千万円という予算はパトロール用の予算としては
かなり大きな予算で実績も求められるので

厳しいパトロールになるでしょう。



さて、

医療法が改正され医療広告の枠組が変わります。


医療法で規制されるのは枠組で、細かいルールは
省令、ガイドラインに示されます。


ホームページも医療法の中に取り込まれ医療広告と同様の
規制を受けることになっており、

クリニックホームページの規制の枠組も大きく変わります。


法改正して規制強化をするときは、

「実態としてこんなに酷いのだから法改正の必要がある」
というロジックが用いられるのが常道です。


上記の「厳しいパトロール」は「酷い実態」を描き出す
ためにも使われることでしょう。


注目されるのはビフォーアフターです。


クリニックのホームページでビフォーアフターを
示せなくなったら美容医療は集客力を失ってしまいます。


詳しいことは27日のセミナーで
お話ししましょう。


医療法改正でクリニックのホームぺ―ジはどうなるのか?

今後、どうマーケティングすればよいのか?

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/YLWy6C

機能性表示非公開セミナー。残り1席。

一気に暖かくなり外では桜も満開のようです。


ほとんどオフィスにこもりっきりが多いので
私はまだそれを目にしていません。


今週末までもつとよいのですが。



さて、


桜は終わっているかもしれませんが、
来週金曜日14日のクローズドセミナー

「機能性表示。

 最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン」。


残り1席となりました。


機能性表示をご検討の方は必須のセミナーです。


たとえば、肝機能や酔いの関係は機能性表示として
認められる可能性があるのか?


現状、機能性表示のヘルスクレームの策定 -21程度しか
認められていないことは何度もこのメルマガで書いています-

には厚労省の意向が強く反映されているように思えます。


その厚労省は今月から医薬部外品の規制を緩和し
-この点は来月のセミナーで話します-、

「二日酔い」というワードの使用を認めることと
しました。


となると、「二日酔い」訴求したければ部外品でやれ
ということになり、

機能性表示でここにリーチするのはほぼ不可能と
思います。


こんな話を含め、拒絶事例における水面下でのやり取りが
多く明らかにされ、かつ、どうしたらこの閉塞状況を
打開できるのかもご説明します。

ご期待ください。


10名限定クローズドセミナー 

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/n0YSF6