健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、林田学です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 86件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(6月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=86件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

スギ薬局事件のその後 そして消費者庁からの警告メールの対策は?(その1)

葛の花イソフラボンのSR・機能性表示について
誰もが容易に痩身効果が得られるように
広告したとしてスギ薬局さんは5月31日、

ホームページに謝罪文を載せ、朝日・読売の
全国版に謝罪広告を掲載しました。


措置命令を受けたわけでもないのにです。


過去にも措置命令を受けたわけでもないのに
ホームページに謝罪文を載せるという事例は、

A社のダイエットサプリ、B社の黒酢サプリで
先例がありますが、

今回のように具体的内容で、かつ、全国紙2紙に
謝罪広告まで出すというのは異例の事態です。


背景には大きな動きがあるようです。


すべての健食プレーヤーの方々は消費者庁の傾向を
報道されない情報も含め実態レベルで正しく
把握する必要がありそうです。


そのためのセミナーを行うことにしました。


すでに受理された方も、なかなか受理されない方も、
これからやる方も、健食でやり続けたい方も

健食プレーヤー必聴の水面下の最新情報!

刈り取りが始まった機能性表示!機能性表示に大異変!!
どうなる?これからの健食規制


早割は6月16日(金)まで

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/5EgTrQ




さて、

GW前に消費者庁 表示対策課 電子商担当から多数の
警告メールが発信されました。


“「不当景品類及び不当表示防止法」の遵守について”
というタイトルでこう書いてあります。((1))

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今般、ウェブページ上の広告表示のうち、商品の内容に
ついての表示に関して点検した結果、

貴社の下記サイトに不当表示につながるおそれがある
表示がありましたので、

景品表示法の遵守について啓発するメールを送信すること
としました。

問題となる表示があるページのアドレス
http://www.xyz.com

貴社におかれましては、今後、広告表示を行う際、
項2に示した内容に、十分留意した上、

ウェブページ上の広告表示の適正化を図り、一般消費者の
誤認を招くことのないよう努めてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、「項2」にはこう書いてあります。((2))

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 効果・性能を標ぼうする広告表示を行う際は、
  以下の点に留意してください。

商品の内容については、客観的根拠に基づき正確かつ
明りょうに表示する必要があり、

商品の効果・性能を標ぼうする場合には、

1.根拠がないにもかかわらず効果・性能があるかのように
一般消費者に示す表示を行ってはならず、

2.効果・性能に関する表示を行う場合には、
その根拠となる実験結果、データ等を用意しておく必要が
あります。

また、BtoC取引においては消費者にとってウェブページ
上の表示が唯一の情報源となるものであるという特徴を
踏まえれば、

効果・性能の根拠となる実験結果、データ等を
ウェブページ上に表示することが望ましいといえます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


上記(1)で示されるURLはバクっとしていて
何を問題としているのか

よくわからないことがあります。


そこで、「何が問題なのか?」と問い合わせをする
方がいらっしゃいます。


そしてこういう問合せをすれば2-3Wで
「ここが問題だ」と返事が返って来ます。


一見こういう問合せをして問題点を明確にした方が
よさそうな気がしますがそうではありません。


その前に私どもにお問い合わせ下さい。


なぜそうなのか?
詳しくお知りになりたい方は、

表題を「6/02回答希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号
・他社のあの広告大丈夫事例


他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し
どこが大丈夫?と思うかを明記の上、

info@yakujihou.com(中田)まで
お申込みください。

機能性表示届出の撤回続出?

甲陽ケミカルさんが「グルコサミン」を配合した
機能性表示の届出を撤回するそうです。


理由は、関与成分の表示を「グルコサミン」から
「グルコサミン塩酸塩」に変えるためとのこと。



さて、

この件は、「さもありなん」という感じですが、

今後、広告を理由として機能性表示の届出を
撤回するという事例が出て来るかもしれません。


ご存知のように、機能性表示の際には、

「当該食品の広告等については、届け出た表示の
 内容を逸脱する表示を行いません。」

ということをコミットします。


現在、機能性表示の広告に関し消費者庁がとても
目を光らせている領域があり、

そういう領域ではこのコミットを理由として
機能性表示から葬り去るということが
行われるかもしれません。


しかもこういう事態は同時多発的に起きる
可能性があり、

トクホの日本サプリメント社のような集中砲火の
事態が起こるかもしれません。


このように機能性表示として認められている
領域の中でもチャレンジングな広告をしていると
すべてを失うことになりかねない領域もあり、

そういう領域では医薬品をフロントにした方が
賢いのではないかと感じています。


詳しくは、先日のセミナー

「厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と
 OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。
 そして監視指導の実態。」

のテキストをご覧下さい。


セミナーテキスト作成担当の中田がメルマガ読者の方に
1万円(税別)でお分けしたいと言ってますので、

ご興味のある方は、

表題を「25日セミナーテキスト希望」として

・会社名
・ご担当者名
・メールアドレス
・電話番号

を明記の上

info@yakujihou.com(中田)までご連絡ください。

医薬品通販と健康食品

満員御礼の医薬品通販セミナーも明後日となり
頭の中は医薬品通販のことで一杯です。


「医薬品」というと製造オーダーのロットが大きく
大変ではないかと思うかもしれません。


確かに原則はそうなのですが、医薬品のメーカーは
大小様々で昔免許を取ったというところの中には

小世帯の所もあります(私のクライアントさんで
富山の小さな医薬品メーカーをわずか6千万でMAした
ケースもあります)。


なので、受注発注でOKな医薬品もあります。

ご興味のある方は、info@yakujihou.com (中田)

までお問い合わせ下さい。



さて、

ここのところ医薬品通販の話ばかりしていますが、

「ウチが売りたいのは健食だ」、「なぜもっと
健食の話を書いてくれないの?」と

思っていらっしゃる方も少なくないと思います。


しかしそれは全くの勘違いです。


機能性表示も含めて今、健食は逆風です。


機能性表示解禁となったとき、
「やっと国も健食を認めてくれた」と
誰しも思いましたが、

その後、国の政策は大きく変化し、
「原則、健食=悪」というスタンスに戻っています。


相当大きな外圧でもかからないとこの状況は
変わりそうもありません。


他方、OTCはフォローウィンドです。


ジリ貧のOTCが機能性表示の出現でますます
ジリ貧になっている状況を

少し変えねばと厚労省は考えているようです。


そこでOTCをフロントとし、健食をバックエンドと
するビジネスモデルを構築するのです。


以前にも書きましたが、2000円の茶のしずく石鹸が
フロント、

5000円~10000円のお茶の美容液、クリームが
バックエンドというビジネスモデルで悠香さんは
年商300億にまで至りました。


この知恵に学ぶのです。


詳しいことは25日のセミナーを
WEB視聴下さい。


厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。(WEB視聴のみ受付)

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN