健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

bandicam 2013-11-28 17-29-45-304こんにちは、林田学です。


機能性表示がスタートしました。

私は機能性表示届出のディレクションを実際に行っており、ここで私が語っている事は単なる理念ではなく実践論です。お問い合わせは
コチラ


届出サポート事例 92件
年商2500億級食品企業、年商2000億級食品企業、
年商300億級通販企業から年商6億通販ベンチャーまで

STATUS(8月1日現在)
届出関与:受理+届出(受理待ち)=92件

機能性表示制度とは

特定保健用食品(トクホ)栄養機能食品とは異なる新しい食品の表示制度です。

これまで、食品の機能性について表示が認められていたのは、「トクホ」と「栄養機能食品」だけでした。
それ以外の食品については、その機能について表示することができなかったのです。

特にサプリメントや健康食品において、 「何にいいのか表記されていない」 「あいまいな表現でわかりにくい」といった課題がありました。

そのため、新たな制度(機能性表示制度)では「安全性」や「機能性」について一定の条件をクリアすれば、企業や生産者の責任で「体のどの部分にいいのか」「どう機能するのか」を表示できるようになる制度です。

届出状況の一覧表はコチラ

届出内容を分析した「林田学のデータブック」はコチラ

随時アップデートされるQ&Aを記載した「林田学の機能性表示Q&A」はコチラ

「機能性表示届出書類・作成マニュアル」ができました。
 ▷概要はコチラ

 ▷お申し込みはコチラ

機能性表示対応受託実績はコチラ

消費者庁のガイドラインより分かりやすい林田学のガイドラインはコチラ

英語サイトはコチラ

消費者庁のガイドライン(平成27年3月30版)はコチラ

消費者庁のガイドライン(平成28年3月31日一部改正版)はコチラ

ガイドライン(新旧対照表)はコチラ

機能性表示に関すること、届出書類作成代行のお問合せはコチラ

解説は最新記事をご覧下さい。


― 目次 ―

◎機能性表示届出実務


◎機能性表示のガイドライン


◎新制度の最終案解説と戦略


    ⇒補足記事1:エビデンスについて

    ⇒補足記事2:SR(文献調査)について

◎Q&A:機能性表示制度のルールについて


kinousei3

満員御礼の医薬品通販セミナーと機能性表示に対する措置命令

薬事3法とマーケティングの最もリアルでロジカルな
情報と知恵をお伝えする林田です。


先週も書きましたが25日の医薬品通販セミナーは
予想もしなかった大人気でリアルの参加は
満員となりました。


多数のお申し込みありがとうございました。


1.どうしても見たいという方は、WEB視聴を
  お申し込み下さい。



2.また、医薬品通販を立ち上げたいという方は、
  
  info@yakujihou.com(中田)までご連絡ください。


3.1.2いずれも、数年で年商30億に到達する
  ノウハウをレクチャーします。



さて、

フォローウィンドの医薬品通販に対し
雲行き怪しいのが機能性表示です。


21のヘルスクレーム以外はどうあがいても
認められないという話はこのメルマガでも
何度も書いていますが、

既に受理されている21のヘルスクレームに関しても
その商品広告に対する措置命令が出るかもしれません。


特にいろんなプレーヤーさんが取り組んでいて
メーカーさんの生産が追い付かないというような
領域は、

いろんな方々のいろんな想いもあって、
危ない気がしています。


機能性表示の改定ガイドラインは当分先に
なりそうですが、

措置命令が出た後で、お灸を据えるような
厳し目のガイドラインが出て来そうな気がします。


機能性表示を検討されている方は、
この危険な領域をはずして、

年内に届出を済ませることをお勧めします。

この点も25日のセミナーでは
お話します。


厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。(WEB視聴のみ受付)

↓   ↓   ↓ 

機能性表示最新情報17

こんにちわ。

YDCのミッシーです。


機能性表示の差戻しコメントを見ていると、
数回のやり取りの後で突然、

「この関与成分は本制度の対象外です」とされて、
今更そんなことを言うのか、と思わされることが
度々あります。


あるいは、一つ前の差戻しで回答してきた内容への
是非も無く、「科学的根拠を確認してください」の
一言で門前払いになって、

じゃあ前回求められた回答は何だったのか、
という事もあります。


特に「~を確認してください」は差戻しコメントで
よく使われる言い回しですが、

消費者庁がどんな回答を要求しているのか、
意図の読みづらいケースが多いように思います。


ヒアリングを重ねると何とか回答が見えてくるものの、
もう少しわかりやすく書いて欲しものだと
つくづく思いますね。



さて、

今週の機能性表示のご紹介です。


B602 サンファイバートリプル

「本品にはグアーガム分解物(食物繊維)が含まれます。

グアーガム分解物(食物繊維)は、糖の吸収をおだやかにし、
食後血糖のピーク値を抑える機能が報告されています。

グアーガム分解物(食物繊維)は、便秘気味の方の
お通じを改善する機能が報告されています。

グアーガム分解物(食物繊維)は、難消化性糖質(※)を
含む食品の摂取による一過性の下痢になりやすい方の
お腹の調子を整える機能が報告されています。

※難消化性糖質とは、消化酵素に分解されにくい糖質のことで、
  甘味料に使われる糖アルコールなどのことをいいます。

食後の血糖値が気になる方、便秘気味の方、難消化性糖質を
含む食品の摂取による一過性の下痢になりやすい方に適した
食品です。」


届出者は株式会社タイヨーラボさん。


関与成分であるグアーガム分解物はこれで3例目ですが、
便通と整腸が新たに加わっています。


特に整腸については「下痢」という初出の表現が
使われています。



では、またメールしますね。



ミッシー

膝の痛みに対するポジショニングとは?

マンチェスターのコンサート会場でのテロアタックには
憤りを覚えますが、これを受けて、英国政府は危機状況を
「CRITICAL」に引き上げました。


7月にロンドンに出張することになっているので、
ちょっと心配です。



さて、

シニア世代になると、ひざの痛みが心配な方が
沢山いらっしゃいますが、

今日は、商材ごとにそれに対するポジショニングを
考えてみましょう。


まず、健康食品。

基本的に何も言えません。


マイケアさんは、オオイタドリのサプリについて、
階段を上り下りする写真や「軋みが聞こえない」
という表現で、

消費者庁から景表法違反で指導を受けたと
報じられています。


この処分は他の商品にも及んだたため100億近い
年商にも大きな影響を与えているようです。


次に、機能性表示。 

「運動や歩行などにおける軟骨成分の過剰な分解を
 抑えることで、関節軟骨を維持することが
 報告されています。」

「膝関節の柔軟性、可動性をサポートする機能が
 あることが報告されています。」 

といった表現になります。


「ひざの痛み」は表現できません。


「痛み」というワードを使わず、痛みが走っているような
絵や痛みに耐えかねるような表情を使っていると、

消費者庁からお呼び出しがあり、景表法の措置命令や
健増法の勧告に発展するリスクがあります。


3月のダイニチ堂さんのアイサプリ広告に対する
措置命令のような「こんなんで措置命令なの?」

というような出来事が機能性表示でも
起きそうです。


そして、医薬品。

「関節痛」とはっきりうたえます。


痛みが走っているような絵や痛みに耐えかねるような
表情を使うこともOKです。


富山常備薬さんはビタミンB製剤を使ってこの訴求で
年商100億近くに至っています。


防已黄耆湯のような漢方を使う手もあります。


詳しいことは25日のセミナーを
WEB視聴下さい。


厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。(WEB視聴のみ受付)

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/LmXDgN