こんにちは、林田学(Mike Hayashida)です。

【機能性表示制度のルール関するQ&A】


よくある質問についてQ&A方式で回答します。




Q9.生鮮食料品と機能性表示




Q:生鮮食料品は明らか食品ですが、それと機能性表示の関係はどうなるのでしょうか?



A:明らか食品である限り効果をうたっても
  薬事法違反にならないので機能性表示に乗る必要はありません。
  他方、生鮮食料品の機能性表示の仕切り役は農水省ですが、
  農水省は予算も取ってかなり積極的です。

  

  結果、明らか食品の解釈はこれまで以上に狭くなると思います。

  たとえば、「卵」は基本的に明らか食品です。
  それゆえ、機能性表示に乗らなくても効果はうたえます。


  しかし、にわとりに特殊な餌を与えてこれまでにないような効果をもたらしている
  「高機能卵」は非明らか食品と解釈されるようになるでしょう。

  そうなると、この「高機能卵」で効果をうたうには機能性表示に乗るしかなくなります。




**********************

~Q&A 目次~ ※見たい項目をクリックして下さい


Q1.商品のリニューアルとエビデンス

Q2.RCTをSRにコピーされないためには?


Q14.第一目標で有意差なし、第二目標で有意差あり、どうしたらいいか?

15.法的割り切りと科学的真実を追求する査読の矛盾



**********************

●お問合せは⇒
こちら

●健康美容ビジネスに関するお悩みは⇒こちら