機能性表示。 

BMI基準について今までよりも厳しい基準に立つ事例が 
出てきましたが、 

それに続いて別のジャンルでも今までよりも厳しい基準に 
立つ事例が出てきています。 


詳しいことは後日お知らせしますが、ご興味ある方は、 
薬事法ドットコムの機能性表示サイトをキャッチアップ 
して下さい。 

>>> http://goo.gl/9C89k3  




さて、 

方向性が読み難い機能性表示とは異なり、 
安定的な化粧品マーケットですが何せ大激戦。 


しかし私がサポートしている10社はどこも 
うまく行っています。 

月商が25倍UP、30倍UPなんて事例もあります。 


そのノウハウの一端をシリーズでお伝えしています。 


今日は白衣です。 


まず、白衣を着た人が化粧品広告に登場するのは 
NGではありません。 


白衣を着た人が商品について語るのはNGですが、 
美肌理論など一般論を語るのはOKです。 


これは白衣を着た人が医師であるか否かに 
関わりません。 


「広告の実際」P70のQ38はこうなっています。 

医療関係者又は医薬関係者以外の者を問わず、医師、 
薬剤師、看護師等のスタイル(服装等)の人が、 

広告中に登場すること自体は直ちに医薬関係者の推薦に 
該当するわけではないが、 

医師等のスタイルの人が広告することは医薬関係者の 
推薦に該当する。 

また、芸能人等を使用しても同様とする。 
  

※なお、「広告の実際」は化粧品ビジネスの 
コンプライアンスを知るために必読ですが 

とてもわかりにくいので 
そのガイドブックをご覧ください。  

http://www.yakujihou.com/dvd/text/1_2.html 


で、この白衣パーソンをうまく使ってLPの 
CVRを1%ほどUPさせている事例があります。 


白衣パーソンはLPのCVRアップに不可欠なコンテンツ 
ですが、誰でもよいというわけではありません。 

選択基準があります。 


それはどういう基準なのか? 


詳しくは12月14日のセミナーで 
お話しましょう。 


11月25日までに申し込むと早割がありますので 
お申し込みはお早めに。   

 ☆4年で年商30億! 

 化粧品EC勝利の方程式2017! 

-30億事例他、10億~200億まで 
 10社の成功事例のヒケツをレクチャーします- 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/MzWCbF 



あるいは、 

表題を「11月21日回答希望」として 

・会社名 
・ご担当者名 
・メールアドレス 
・電話番号と、 

これでOKなのかと思う他社の広告例を添付し 
どこが疑問かを明記の上、 


info@yakujihou.com (中田)まで 
お問い合わせください。