ニューヨーク出張から帰ってきました。 


今回宿泊したパーカーメリディアンホテルは 
最上階50階にプールがあり、しかも全面ガラス張り。 


外を歩くのにホカロンが必要な寒さでも中は温室状態。 


天気の良い日にプールサイドのデッキで昼寝した私は 
日焼けしてしまいました。 




さて、 

DeNA事件以降、ずっとDeNA型メディアサイトについて 
述べて来ました。 


また、健食を規制する健増法はアフィリエイトを 
射程としているので健食なら必ず健増法が適用される 
ということも書きました。 


まとめると― 

1.健食 

  必ず健増法が適用される 

2.健食以外 

 (1)原則非広告、つまり薬事法不適用 
 (2)例外広告、つまり薬事法適用 


化粧品は2ですが、メディアサイトであれば、 
原則薬事法不適用と考えられます。 


それは、記事性・意見性があるからです。 


しかし、記事性・意見性のない通常アフィリエイトの 
場合は逆で、 

原則薬事法適用と考えられます。 


実は以上の考えを裏付けるような事件が 
先月起こっています。 


準行政機関が化粧品アフィリエイトサイトに対し 
薬事法違反の勧告を行っているのです。 


そのサイトは記事性・意見性のないサイトで、 
販売サイトへの誘導が強いサイトでした。 


そのサイトのイメージをご希望の方に差し上げます。 

ご希望の方は、 

表題を「1月5日イメージ希望」として 

・会社名 
・ご担当者名 
・メールアドレス 
・電話番号と、 

他社のあの広告大丈夫?と思う例を添付し 
どこが大丈夫と思うかを明記の上、 


info@yakujihou.com (中田)まで 
お問い合わせください。 



詳しいことは1月18日のセミナーでお話ししましょう。 



緊急開催!DeNA事件の衝撃!! 

DeNA運営サイトは薬事法違反なのか?アフィリエイトは? 

DeNA事件を受けて今後どうすればよいのかをレクチャーします。 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/tyKzRQ