薬事法や景表法でビジネスを差別化する
エビデンスリーガルマーケティング。


スマホからテレビ・紙まで、
CPAからLTVまで
あらゆるPHASEを呑み込んだトータルマーケティング。


この2軸のイノヴェーションをリードする林田です。



関与成分「プロテオグリカン」、ヘルスクレーム
「膝の不快感の緩和」で受理されたB455もある意味
衝撃的な受理事例でした。


この事例のエビデンスはSR、採用文献は2報、
そのうち1報は私どものリエゾンである臨床試験機関
JACTAで行った試験のRCT論文を採用文献と
したものでした。


どこが衝撃的なのか?

4月14日のクローズドセミナーで
詳しくお話ししたいと思います。

10名限定クローズドセミナー

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 





さて、

美健ビジネスのプロモーション規制に関して
トリッキーな動きを見せているのが健増法です。


健増法は消費者庁のほか保健所も扱うことができ、
中でも活発な動きをしているのが、

東京港区の「みなと保健所」です。


港区には主要なテレビ局が本社を構えているため
テレビを中心に様々な動きが水面下で広がっています。


中でも注目されるのが、誰でも知っている健食のCM。


10年近くも放映を続け認知度抜群の健食CMも
やり玉に挙がっており、今後の推移が注目されます。


目まぐるしく水面下で変わっている美健ビジネスに対する
規制の動きと実務の変化を

今年1-3月期に関して総括するムービーを作りました。


WEBでご覧になれます。

急速な動きに乗り遅れたくない方は是非ご覧下さい。


2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
アフィリエイト規制・みなと保健所の実態

↓   ↓   ↓