一気に暖かくなり外では桜も満開のようです。


ほとんどオフィスにこもりっきりが多いので
私はまだそれを目にしていません。


今週末までもつとよいのですが。



さて、


桜は終わっているかもしれませんが、
来週金曜日14日のクローズドセミナー

「機能性表示。

 最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン」。


残り1席となりました。


機能性表示をご検討の方は必須のセミナーです。


たとえば、肝機能や酔いの関係は機能性表示として
認められる可能性があるのか?


現状、機能性表示のヘルスクレームの策定 -21程度しか
認められていないことは何度もこのメルマガで書いています-

には厚労省の意向が強く反映されているように思えます。


その厚労省は今月から医薬部外品の規制を緩和し
-この点は来月のセミナーで話します-、

「二日酔い」というワードの使用を認めることと
しました。


となると、「二日酔い」訴求したければ部外品でやれ
ということになり、

機能性表示でここにリーチするのはほぼ不可能と
思います。


こんな話を含め、拒絶事例における水面下でのやり取りが
多く明らかにされ、かつ、どうしたらこの閉塞状況を
打開できるのかもご説明します。

ご期待ください。


10名限定クローズドセミナー 

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/n0YSF6