先週も書きましたが、クリニック広告をパトロール
するための予算4千万円超が承認され

夏頃からクリニックのWEB広告についてパトロールが
始まると思います。(業者に委託)


4千万円という予算はパトロール用の予算としては
かなり大きな予算で実績も求められるので

厳しいパトロールになるでしょう。



さて、

医療法が改正され医療広告の枠組が変わります。


医療法で規制されるのは枠組で、細かいルールは
省令、ガイドラインに示されます。


ホームページも医療法の中に取り込まれ医療広告と同様の
規制を受けることになっており、

クリニックホームページの規制の枠組も大きく変わります。


法改正して規制強化をするときは、

「実態としてこんなに酷いのだから法改正の必要がある」
というロジックが用いられるのが常道です。


上記の「厳しいパトロール」は「酷い実態」を描き出す
ためにも使われることでしょう。


注目されるのはビフォーアフターです。


クリニックのホームページでビフォーアフターを
示せなくなったら美容医療は集客力を失ってしまいます。


詳しいことは27日のセミナーで
お話ししましょう。


医療法改正でクリニックのホームぺ―ジはどうなるのか?

今後、どうマーケティングすればよいのか?

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/YLWy6C