暑くなったり、寒くなったりで体調を崩して
おられる方も多いことと思います。


ウチのメルマガ担当の中田も昨日は珍しく体調不良。


そのため来月のセミナーのUNVEIL(ベールを解く)が
1日遅れてしまいました。


そのセミナーがこれです。


☆5月25日(木)開催

厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170525_n.html




さて、

現在私どものところに「機能性表示やりたい」と
言ってこられる健食プレーヤーの方々は

「形式審査とは言え国のお墨付きがほしい」
と言う方々です。


お墨付きにこだわらないという方々にお勧めしているのが
「一般健食のエビデンスマーケティング」中でも

「フックワードマーケティング」であることは
このメルマガの読者のみなさんはご存知のとおりです。


他方、国のお墨付きを求めて機能性表示の門を叩いても
受理してもらえるのが21のヘルスクレームの範囲内
であることも読者のみなさんはご存知のとおりです。


ところが、この4月から新たな国のお墨付きが加わる
ことになりました。


それが医薬部外品とOTC漢方で今月から規制緩和が
スタートしています。


これらの商材は健食ではありませんが、商材の
コンセプトは健食と類似しており、

健食同様のリピート、LTVが期待できます。


この新しい分野をどう攻めるべきか?


厚労省のOBの方をゲストに招いて
その点を究めたいと思います。



☆5月25日(木)開催

厚労省OBと究める、規制緩和された医薬部外品と

OTC漢方の攻めどころと健食へのリレー。

そして監視指導の実態。

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170525_n.html