こんにちわ。

YDCのミッシーです。


機能性表示に関しては、昨年の11月にスタッフが
拡大して、

その後は届出から差戻まで3ヵ月だったものが、
今は2ヵ月になっています。


期間が短くなって、それはありがたいことなのですが、
ただ依然として担当者による判断の違いがあります。


例えば、

「連絡フローチャート」の資料に関して、ある人は
OKとしているのに、

ある人は「消費者庁への報告のタイミング」の記載に
不備があると言う。


あるいは、

「1日当たりの摂取目安量」という記述に関して、
ある人はOKと言い、

ある人は「一日当たりの摂取目安量」という
漢数字表記するよう指摘してくる。


同時に届出を出した、同じ記載・資料を使った
2商品の間でもこんなことが起きています。


ダメだと言われると、2ヵ月も損してしまいます。


前例があるから大丈夫だろうと考えていると、
こういうところで引っかかってしまうので、
注意してください。


判断できないときは、
薬事法ドットコム( info@yakujihou.com )に
ご相談ください。



さて、

今週の機能性表示のご紹介です。


C20 フローラサポート
「本品にはイヌリンが含まれています。イヌリンは
  善玉菌として知られているビフィズス菌を増やす
  ことで、おなかの調子を整えることが報告されて
  います。」


届出者はフジ日本精糖さん。

SRによる受理事例で、関与成分は初出となる
「イヌリン」です。


表示文言に目を向けると、「善玉菌」という表現も
今回が初の登場です。


審査が厳しくなっている中で、初出が二つもある
というのはすごいですね。



では、またメールしますね。


ミッシー