こんにちわ。

YDCのミッシーです。


先週末に機能性表示食品制度の運用改善が閣議決定
されたというニュースを聞きましたが、

ポーズだけに終わらないことを祈りたいものです。


今週の消費者庁の届出受理状況は静かなものです。

先週までのように撤回が相次ぐこともなく、
新たな届出受理も少ないものでした。



さて、

今週の機能性表示のご紹介です。

C24 「オプティバリアレチナサポート」

「●本品にはルテインが含まれます。ルテインには
  加齢により減少する網膜の黄斑色素量を維持し、
  視機能(コントラスト感度など)を守ることが
  報告されています。

  本品は、健常人で目の疲れが気になる方に適した
  食品です。

  ●本品にはビルベリー果実由来アントシアニンが
  含まれます。

  ビルベリー果実由来アントシアニンにはVDT作業
 (パソコンやスマートフォンなどのモニター作業)で
  目を酷使することによるピント調節機能の低下を
  緩和することが報告されています。」


届出者は日東メディックさん。


ルテイン、ビルベリー果実由来アントシアニンという
ダブル関与成分の届出です。


「視機能」という表現は今回が初出のものですね。



視機能を導いているのは文献No1。


これは他の事例でもコントラスト感度を導くために
よく採用されています。


C24では「visual performance」で検索をかけて
この文献をピンポイントに引き出すことで、
視機能(コントラスト感度など)としている訳です。


届出番号C番になって最初の初出表現のご紹介でした。


では、またメールしますね。


ミッシー