こんにちわ。

YDCのミッシーです。


先週もグルコサミンの撤回届が出たことを
お伝えしましたが、

今週も新たなものが出ています。


富山常備薬グループさんの届出で
「富山のグルコサミン 七転び八起き」、

関与成分は「グルコサミン塩酸塩」です。


この撤回には今までの3社とは違う点が
二つあります。


一つは関与成分がグルコサミンではなく、
グルコサミン塩酸塩である事。

そしてもう一つが、撤回の理由が関与成分名の
変更ではなく、研究レビューの見直しのため、
となっている事です。


甲陽ケミカルさんのSRに問題があることは、
8月2日のセミナーで、林田先生も仰られていたことです。


いよいよこの問題が表面化して来たという事でしょうか。


セミナーでは「なぜ今頃になって問題視されているのか?」
という質問もありましたが、

それについてはいろいろな思惑もあるのかもしれません。



さて、

最新の機能性表示事例をご紹介します。


C96 コタラエキス粒

「本品には、ネオコタラノールが含まれます。

ネオコタラノールには、食後血糖値の上昇を
抑制する機能があることが報告されています。

本品は、血糖値が高めの方に適しています。」


届出者は富士産業さん。


ネオコタラノールは初めての関与成分となります。


この届出は特保からの移行です。


特保の論文では空腹時血糖値126以上の病者が
入っているため、

100~109の正常高値と110~125の境界型で
層別解析を行っています。

その結果有効性を導けたので、
それに基づいて血糖値が高めの方に適している、
としています。


では、またメールしますね。


ミッシー