こんにちわ。

YDCのミッシーです。


今日はQ&Aです。

Q
1.ASCONさんから照会メールが来たのですが、
   対応しなければならないものなのでしょうか?
 
   対応しないと、消費者庁に疑義を申し立てられ
   届出撤回に至ることもありますか?


2.同業者から消費者庁に疑義を申し立てられて
   撤回に至った例があると聞いたのですが、
   そういうこともあるのですか?


A
1.ASCONさんは任意団体ですので、対応する・しない、
   は御社の自由で、過去、対応していない例も少なからずあります。
  
  対応していないことにより、消費者庁に疑義を
   申し立てられ届出撤回に至ったという例はないようです。


2.この事例はあります。

   1よりもこちらの方がシリアスです。

 (1)SRの採用文献の関与成分と本品のそれとの同等性、
 (2)エビデンスの適格性、
 (3)エビデンスの解釈、
 (4)当該エビデンスから当該ヘルスクレームを導けるか、
  といった点が争点となります。


YDCグループでは、こういうケースでは専門家の
意見書を提出して対応することにしていますので、
そういうニーズが生じた場合にはご利用下さい。


では、またメールしますね。

ミッシー


PS
YDCホームページ内の機能性表示サイト
をリニューアルしました。

受理事例の分析を大きく追加し、
拒否事例の情報も追加しました。


是非ご覧ください。