F232 日清食品さんのトリプルバリア。


届出表示はこうです。


「本品にはサイリウム種皮由来の食物繊維が
 含まれます。食事中の脂肪、糖、塩分の便
 への排出を増やし、食後の中性脂肪や血糖値
 の上昇を抑え、高めの血圧を下げる機能が
 あります。また、お通じの回数や量を増やす
 便通改善機能が報告されています。」


便へのトリプル排出を訴求する初めての
事例です。


このエビデンスには注意しなければなりません。


1.まず、様式7に書くだけなら社内報告書でも
 かまいません。


2.次に、この作用機序を届出表示に入れるの
 なら、そのエビデンスはヒト試験でなければ
 なりません。

 F232はそうなっていますから最低限ヒト試験
 のエビデンスは必要です。


3.さらに、初めての事例なので当然広告で
 訴求することが想定されますが、そうなると
 景表法の基準をクリアーしなければ
 なりません。

 この基準は明示されていませんが、拙著
 「ヘルスケアビジネスのための実録景品
 表示法」に書いたように、運用としては
 群間有意差が求められます。


4.F232の様式7はこうです。(>>>
  https://www.yakujihou.com/merumaga/20200901kj.pdf )。

 つまり、Inoike N, Yoshinuma H, Tanabe S, 
 Iwama Y, Nakamura F.Effect of psyllium 
 husk on the suppression of postprandial 
 elevation of blood glucose level in 
   human,A Randomized, Double-blinded, 
   Placebo-controlled, Crossover Study- 
   Jpn Pharmacol Ther. 2019 47(9):1529-1536
 
 がエビデンスになっているので、トリプル
 排出を広告で訴求するのならここでの
 結果としてトリプル排出の群間有意差が
 必要です。