こんにちは。

YDCのミッシーです。


前回のメルマガで、年末は撤回事例が多く
なりがちという話をしました。


そこで、今回の機能性表示最新情報は、撤回
事例に焦点を当ててみたいと思います。


機能性表示食品制度が始まって以来、3500件
近い受理事例がありますが、

そのうちで撤回された事例がどのくらい
あるかはご存じでしょうか?


実は10パーセント以上にあたる376件
(11/10時点)の撤回事例があります。


その理由は様々で、販売終了や商品の
リニューアル、会社組織再編による届出者の
変更などの他に、届出表示や機能性関与成分
の不備・修正による連鎖的な撤回の場合
もあります。


例えば最近の撤回事例を見ると、
2020/10/31にD188「ウエスト気になる」
(アフリカマンゴノキ由来エラグ酸)の
撤回があります。


皆様もご存じと思いますが、
アフリカマンゴノキ由来エラグ酸は届出表示、
機能性関与成分名を変更したリニューアルが
進んでいます。


D188が撤回されたことで、旧バージョンの
アフリカマンゴノキ由来エラグ酸はすべての
事例が撤回されたことになります。


D188は、F309「ウエスト気になるb」として
既にリニューアルが受理されていますから、
順調に販売を引き継げたということでしょう。


この種の撤回の場合にはすぐに撤回する
のではなく、代わりの届出が受理されるまで
撤回を延ばすというのは、

以前に同様の撤回・リニューアルが行われた
HMBの事例で行われていることなので、
それに倣って上手く進めたということだと
思います。


撤回事例には重要な情報が含まれていること
があるので、定期的に注目しているのですが、

そんな中で最近気になった撤回事例があります。


グラブリジン(「甘草由来グラブリジン」又は
「3%グラブリジン含有甘草抽出物」)を
機能性関与成分とする事例です。


撤回情報を簡単にまとめるとこうです。


A60  10/28撤回 届出表示見直しのため
A193 11/06撤回 届出表示見直しのため
B327 11/04撤回 販売終了のため
B531 11/04撤回 販売終了のため


グラブリジンでは合わせ10件の事例があり、
その内の2件は2018年に会社組織の変更に
伴って撤回されています。残り8件の内、
4件がここ2週間の間に撤回されていました。


なかでも「届出表示見直しのため」が2件
はいっているのが気になるところです。


グラブリジン関連はB番を最後に受理が
止まっています。


景表法違反で追及されたとも言われて
いますが、何か進展があるのでしょうか?


事後チェックの経緯でしょうか?
今後に注目です。


それでは、またメールしますね。