健康食品機能性表示の届出支援・広告サポート|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

1.制度のあらまし

機能性表示制度 |機能性表示ができない35の表示例とは?

こんにちは、

 

林田学(MikeHayashidaです。

 

機能性表示制度
 

機能性表示ができない35の表示例とは? 


新春早々、消費者庁機能性表示サイトも更新されました。

勇気づけられるのは 
「セラバリューズさんの肝臓健康にセラクルミン」です。

初の肝臓訴求です

RCTで2010年の論文ですが 
かなりオールドファッションです。

コンソート準拠でチェックしたら 
大変なことになりそうです。

クルクミンでアルコール代謝と肝機能の試験を 
していますが、前者は統計処理なし。

後者はオープン試験で前後比較のみ。 
Nは19、摂取期間は1か月。

これで受理していただけるのなら楽なものです。

さて、この事例と相反するような 
報道が行われているため 
たくさん問い合わせが入っています。

いわく、消費者庁がセミナーで出した 
35の表現は今後認められないだろうというものです。

今日のQAはそれがテーマです。

Q. 
業界誌を読んで驚きました。 
消費者庁がセミナーで出した 
35の表現は今後認められないだろう。 
機能性表示の先行き不安という趣旨でした。

その中には

「低下した肝機能を改善する」 
「γ‐GTPの数値を改善する」

というものがありましたが 
他方で、受理番号A172では

「γ‐GTPに対して健常域で高めの数値の改善に 
役立ち、健康な肝臓の機能を維持します」

という表現を認めています。 
これはどう理解したらよいのでしょうか?

A. 
35の表現が即NGということではありません。

詳しくお知りになりたい方は

ご希望の方はいつものように 
表題を「0108回答希望」として

会社名 
ご担当者名 
メールアドレス 
電話番号

を明記の上

info@yakujihou.com(鶴岡)

までご連絡ください。

機能性表示制度|~機能性表示のお試しは可能か?~

こんにちは、

 

林田学(MikeHayashidaです。

 

機能性表示制度
 
機能性表示のお試しは可能か? 
 

昨日のメルマガで、お年玉を告知したところ 
申し込みが来るわ来るわ、こんなに来たのは初めてです。 



コンテンツがいいのか 
「お年玉」というワードが刺さるのか。 
多分後者なのでしょう。 



大人でも「お年玉」にはワクワクするのでしょうね。 



さて、今日は機能性表示のQA。 
テーマは機能性表示のお試しは可能か?です 



Q. 
Aという成分を関与成分にし 
本邦初の表示でRCTをエビデンスとし機能性表示を 
届け出ようと思っていたところ上層部より 
「本当にその表示で通るのか?大きなお金かけて 
RCTを行っても通らなかったらどうするつもりか?」 
と問い詰められます。 


そこで、消費者庁に、「本邦初のこの表示は認められる 
可能性があるのか?」と問い合わせたところ 
「個別的な質問には答えられない」という回答でした。 
この表示が果たして認められるものなのかどうか 
RCTを行う前に確かめる術はないでしょうか? 


A. 
あります。それにはSR(システマチックレビュー)をうまく使うことです。 
詳しくはお問い合わせください。 


ご希望の方はいつものように 
表題を「0107回答希望」として 


会社名 
ご担当者名 
メールアドレス 
電話番号 

を明記の上 

info@yakujihou.com(鶴岡) 


までご連絡ください。 




機能性表示制度|~3つのお年玉~

こんにちは、

 

林田学(MikeHayashidaです。

 

機能性表示制度
 

3つのお年玉 


新年あけましておめでとうございます。 



今年のお正月は久しぶりに日本で過ごしました。 



とはいっても 
毎日、新宿のオフィスで 
RCT論文や機能性表示書類の作成に 
明け暮れる日々。 



ふと気づくと 
元旦の新宿は普段からは想像もつかないほど 
人が少なく、空気も清らかなことに気づきました。 



デスクワークの間をぬって 
人まばらな新宿を散策してしまいました。 



さて 


本日は、年頭の第1号ですので 
読者の方に3つのお年玉をご用意しました。 



まず、1つめです。 


年末に化粧品マーケティング 
3つの勝ちパターンのレポートを 
クリスマスプレゼントにしたところ 
大好評をいただきましたので 


ささやかなお年玉として 
こちらを無料で差し上げることにいたします。 


ご希望の方はいつものように 
表題を「0106お年玉希望」として 


会社名 
ご担当者名 
ご連絡先 

を明記の上 

info@yakujihou.com(鶴岡) 


までご連絡ください。 




2番目はセミナーです。 



1/21(木)開催の 

「2016年にサクセスするセミナー 
機能性表示、勝利の方程式教えます!」 



ですが 


機能性表示を目指す方にとって 
非常に有意義な内容なので 


こちらもお年玉として3万円割引の 
5千円にて参加可能といたします。 
「3千円割引」ではなく「3万円割引」!です。  


この機会に是非機能性表示制度の 
最新情報を学んで下さい。 


お席に限りがございますので 
どうぞお早めにお申し込み下さい。 


↓    ↓     ↓ 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
2016/1/21(木)開催! 新春セミナー 

2016年にサクセスするセミナー 

機能性表示、勝利の方程式教えます! 


http://r.swe.jp/u/1004/houteisiki 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 



もう1つは、届出書作成マニュアルです。 



最近、消費者庁は、健康被害の情報伝達フローに関して 
より細かく指摘するなど 
対応が変わってきています。 



SRも細かくチェックするようになりました。 



こういう最新の傾向も盛り込んだ第4版を 
リリースいたします。 



本来3万円でお分けしておりますが 


今月15日までにお申し込みの方には 
50%オフ!の1万5千円にてご提供いたします。 


こちらもお早めにお申し込み下さい。 


ご注文はこちらから 
  
↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/dvd/text/0507.html 


3つのお年玉 
いかがでしょうか? 


それでは、本年もよろしくお願いいたします。 




機能性表示制度|~今年最後のプレゼント~

こんにちは、

 

林田学(MikeHayashidaです。

 

機能性表示制度

 

~今年最後のプレゼント~


1年前は機能性表示ガイドラインを
今か今かと待っていたものでした。



年明けには出るのではないかと
期待をもって年を終えましたが
仮案が出たのが3月初めでした。



機能性表示はそんなドタバタの状況でスタートし
最初の頃は当局も
ずいぶん試行錯誤を重ねている感がありましたが
夏以降は運用方針もほぼ固まって来ています。



来年は課徴金制度が始まり

一般健食は必ずやターゲットにされると思われます。




一般健食をメインとしているプレーヤーの方々は
機能性表示に歩を進めるのか、別の道を進むのか
決断が迫られています。



さて、機能性表示に歩を進めたい方は
ぜひこのセミナーにご参加ください。
勝利の方程式をレクチャーします。
       

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2016/1/21
(木)開催! 新春セミナー

2016
年にサクセスするセミナー

機能性表示、勝利の方程式教えます!


http://r.swe.jp/u/1004/houteisiki

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

機能性表示を躊躇されている方は
化粧品に行くしかないと思います。



化粧品マーケットは大激戦ですが
私は3つの勝ちパターンを構築し
実際それは成果を収めています。



その3つの勝ちパターンとは何か?
そのレポートを、今年最後のプレゼントとして
明日クリスマスの日にプレゼントします。


ご希望の方はいつものように
表題を「1224回答希望」として


会社名
ご担当者名
ご連絡先

を明記の上

info@yakujihou.com
(鶴岡)


までご連絡ください。


それでは年内はこれで最後にしたいと思います。
皆様、よいお年をお迎えくださいませ。



機能性表示制度|公開されたくない情報をどうするか?

こんにちは、

林田学(MikeHayashidaです


年末調整とマイナンバースタートが重なって
どの会社も経理の方は大変みたいですね。


これまで公開することなく
コッソリお金をもらって生活していた方々は
マイナンバーでそれが明るみに出るのではないかと
心配しているようです。



さて、

機能性表示の世界でも

公開したくない情報がいろいろあるようです。

そこで今日は

機能性表示制度
公開されたくない情報をどうするか?

について解説します。


Q.
RCTでの機能性表示を考えていますが
その論文をもとにSRを他社に作られるのは
避けたいです。


そこで、RCT論文には原料のことを
あまり詳しく書かないでおこうかと思っているのですが
消費者庁に理解させるには
様式V-2とかに書く必要があるかと思っています。


でもそれでは公開されてしまうので
他社に同等性を肯定するネタを与えてしまいます。
なにか秘策はないでしょうか?


A.秘策はあります。


お知りになりたい方はいつものように
表題を「1222回答希望」として


会社名
ご担当者名
ご連絡先

を明記の上

info@yakujihou.com
(鶴岡)


までご連絡ください。


1月21日のの新春セミナーでもお話しますので
ぜひご参加ください。

         

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2016/1/21
(木)開催! 新春セミナー

2016
年にサクセスするセミナー

機能性表示、勝利の方程式教えます!


http://r.swe.jp/u/1004/houteisiki

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^