健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

3.業界動向

衝撃の機能性表示受理事例そして 健増法をめぐる動き

関与成分「プロテオグリカン」、ヘルスクレーム
「膝の不快感の緩和」で受理されたB455もある意味
衝撃的な受理事例でした。


この事例のエビデンスはSR、採用文献は2報、
そのうち1報は私どものリエゾンである臨床試験機関
JACTAで行った試験のRCT論文を採用文献と
したものでした。


どこが衝撃的なのか?

4月14日のクローズドセミナーで
詳しくお話ししたいと思います。

10名限定クローズドセミナー

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/n0YSF6




さて、

美健ビジネスのプロモーション規制に関して
トリッキーな動きを見せているのが健増法です。


健増法は消費者庁のほか保健所も扱うことができ、
中でも活発な動きをしているのが、

東京港区の「みなと保健所」です。


港区には主要なテレビ局が本社を構えているため
テレビを中心に様々な動きが水面下で広がっています。


中でも注目されるのが、誰でも知っている健食のCM。


10年近くも放映を続け認知度抜群の健食CMも
やり玉に挙がっており、今後の推移が注目されます。


目まぐるしく水面下で変わっている美健ビジネスに対する
規制の動きと実務の変化を

今年1-3月期に関して総括するムービーを作りました。


WEBでご覧になれます。

急速な動きに乗り遅れたくない方は是非ご覧下さい。


2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
アフィリエイト規制・みなと保健所の実態

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/6jVn79


衝撃の機能性表示受理事例そして アフィリエイト規制の動き

関与成分「プロテオグリカン」、ヘルスクレーム
「肌のうるおい」で受理されたB450はある意味
衝撃的な受理事例です。


この事例のエビデンスはSR、採用文献は1報、
その論文において肌のうるおいは群間比較で有意差なし。


群内比較でも有意差はなく有意傾向のみ(P<0.1)。


なぜ、これで受理されたのか?


その謎は4月14日のクローズドセミナーで
解き明かしたいと思います。


10名限定クローズドセミナー

機能性表示。

最近の拒否事例の実態・突破法そして改定ガイドライン

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170414_n.html




さて、

美健ビジネスのプロモーション規制に関して
今年第1クオーターの最大の動きは、

アフィリエイト規制をめぐる動きであったと
思います。


1.ある意味大型アフィリエイトサイトとも言える
  MERYはDeNA事件の余波でクローズのまま

2.化粧品のアフィリエイトサイトに対して準行政機関が
  警告

3.グーグルはアフィリエイトサイトに対する審査基準を
  厳格化

4.健食プレーヤー(広告主)においてアフィリエイトサイトを
  選別する動き(アフィリエイトサイトが理由で広告主が
  景表法違反を追及することを避けるため)


ざっとこんな感じでした。


目まぐるしく水面下で変わっている美健ビジネスに対する
規制の動きと実務の変化を

今年1-3月期に関して総括するムービーを作りました。


WEBでご覧になれます。

急速な動きに乗り遅れたくない方は是非ご覧下さい。


2017年1-3月期の規制と実務の水面下の最新動向

機能性表示・薬事法・健増法・景表法・
アフィリエイト規制・みなと保健所の実態

↓   ↓   ↓ 

http://www.yakujihou.com/seminar/20170400_n.html


機能性表示。SRなのに中性脂肪が53%減少との グラフはOK?(続)

こんにちは。YDCのナベです。


薬事の現場で生じるお悩みを
取り上げています。


今回は、機能性表示。SRなのに中性脂肪が53%減少との
グラフはOK?の続きです。


Q.先週のメルマガでは、SRであっても代表的な文献を
  ピックアップしてそのグラフを使うことは可能、
  ということでした。

  早速、文献を示しながら実践したところ、その文献の著者から
  「著作権侵害だからグラフを使うのを止めるように」
  とクレームが来ました。

  どうなのでしょうか?


A.1.先週書いたのは機能性表示の広告規制の
    観点からのものです。

    著作権はそれとは別の話です。


  2.著作権法32条に転載許可をもらわなくても
    著作権侵害とならない「引用」についての規定があり、
    また、その解釈については最高裁判例もあります。
    
    それによると、許可不要となるためには、引用である
    ことを明記する他、

    ”「報道、批評、研究」のために引用する”
    という目的の正当性が必要です。

    要は、それについて論ずるために引用するということが
    必要です。

    SR商品の広告のためにグラフを使う場合は
    「論ずるために引用する」というわけではありませんから、
    転載許可がなければ著作権侵害です。


  3.ただ、著作権は表現の仕方に関する権利であって
    表現の内容に関する権利ではありません。

    要は、SRのグラフの書き方に著作権があるのであり
    データ自体に著作権があるわけではありません。

    よって、たとえば血糖値が200から130に減っているという
    内容を読み取って自分でグラフを作るというのであれば、
    
    何ら元のグラフの著作権を侵害することには
    なりません。


  
今回も「なるほど」ですね。


また、メールしますね。


ナベ

21個の機能性表示と「妊活」「背が伸びる」

機能性表示。

度々お伝えしていますように、認めるヘルスクレームの
範囲が著しく限定されています。


1.脂肪(体脂肪・内臓脂肪・中性脂肪)

2.肥満

3.BMI

4.ウェスト周囲径

5.肌のうるおい

6.眼・・・疲労・調節力など

7.膝関節の動き

8.歩行能力

9.筋肉、筋力

10.整腸

11.便通

12.緊張感

13.睡眠

14.疲労感

15.目や鼻の不快感(アレルギー系)

16.骨の成分維持

17.体温維持

18.血圧

19.認知・記憶・判断

20.血糖値(空腹時・食後)

21.コレステロール(総コレ、LDL)


ざっとこの21以外は、
どんなにエビデンスがあったとしても

機能性表示は難しいと思います。 



さて、

この21以外を訴求したければ、

一般健食のエビデンスマーケティングを
検討することになりますが、

その中でコスパがよいのが、22日のセミナーでお話する
フックワードマーケティングです。


この手法により『適法に』「妊活」や「背が伸びる
発育期のお子様に」と言えます。


適法性の根拠はいくつかありますが、その一つが
健食の表現規制のバイブルである46通知です。


何と46通知の中にこんな記述があるのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特定時期の栄養補給については、正常状態でありながら
通常の生理現象として特に栄養成分の需要が増大することが
医学的、栄養学的に確認されている発育期、妊娠授乳期等
において、その栄養成分の補給が出来る旨の表現は、
直ちに医薬品的な効能効果には該当しない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを根拠になぜ「妊活」や「背が伸びる発育期のお子様に」
と言えるのか?


詳しいことは、
3月22日のセミナーでお話ししましょう。


健食の適法で効果的なマーケティングにお悩みの方へ

一般健食のフックワードマーケティングのノウハウ!

サントリー・小林製薬・キューピーも導入する手法とは?

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/nRTaIF



ご参加の方には、私の本、

「景品表示法の新制度で課徴金を受けない3つの最新広告戦略」

もプレゼントします。

クロレラチラシ事件の余波そして 機能性表示受理後の締め付け



クロレラチラシ最高裁決定については2月17日の 
メルマガでも取り上げました。 

>>>アーカイブはコチラ  
http://mike-hayashida.blog.jp/archives/1064509468.html 


広告であっても消費者団体による差止の対象となる 
場合があるとの判断を最高裁は示したのですが、 

上記のメルマガに書いたとおり、折り込みチラシは 
対象になると思います。 


そのあたりのことを懸念してか、新聞折り込みチラシの 
審査が最近、俄然厳しくなっています。 


以前は言いたい放題でしたが、「激変」です。 

キュレーションサイトについで折り込みチラシ。 

規制は時々刻々と変化しメディアも変化します。 


その状況をリアルタイムで把握し、 
常に新しいプロモーション戦略を構築して行かないと、 

時代の変化に取り残されてしまいそうです。 




さて、 

ご存知のように機能性表示届出の審査を行うのは、 
食品表示企画課。 


これに対し、措置命令等、景表法の観点から取締りを 
行うのは、表示対策課。 


セクションは分れていますが、昨日の手紙などを見ると、 
両セクションが連携を取りつつあることがよくわかります。 


機能性表示取るのも大変、機能性表示取った後も大変 
ということになりそうです。 


機能性表示取得を考えるのであれば、 
リスクマネージメントまで見据える必要がありそうです。 


他方、機能性表示以外の選択肢を検討したい方は、 

3月22日のセミナーで学んでください 


早割は3月3日まで。 

お早めにお申込み下さい。 


健食の適法で効果的なマーケティングにお悩みの方へ 

一般健食のフックワードマーケティングのノウハウ! 

サントリー・小林製薬・キューピーも導入する手法とは? 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/nRTaIF