健康食品機能性表示の届出支援・広告サポート|林田学

健康食品機能性表示ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。

4.新制度の内容と戦略

機能性表示制度|RCTのパクリ防止-最新情報-

こんにちは、
      林田学(Mike Hayashida)です。

機能性表示制度 
    ~
RCTのパクリ防止-最新情報-

について解説します。


海外出張から日本に帰国しました。
JALやANAの新型機の内装はすばらしく
座席の横にサイドテーブルのようなスペースがあるので
仕事をするのに最適です。

薄暗くなった機内だと妙に筆が進むので
次に出そうと思っている本の骨子を完成させました。
出版が具体化しましたら
このナビゲーターでもご披露させていただきますね。

さて、マーケットにリリースされた
機能性表示健食の反応がよかったことから
参入の相談がふえています。


また、6月19日の消費者庁通知

実際にマーケットに出ている
RCTとSRの広告を見比べて
SRのプロモーションの限界も
(たとえば愛用者個人のビフォーアフターは使えない)
明らかになって来たことから

RCTの相談もふえていますが

その時に必ず言われるのが

「高いお金を使ってRCTをやったのに
 その論文をもとに他社にSRを作られたのでは
 たまったものではない。何かパクリ防止策は
 ないのですか?」

という質問です。

たしかに、現在の運用ではRCTが1本でもあれば
SRとしてOKという状況ですので
SRを作るのは容易です。

そのパクリ対策の

KEYとなるのは
「関与成分」の概念です。

この「関与成分」という概念は
機能性表示で初めて登場した概念ですが
その意味内容を規定しているのは

3月31日のガイドラインのP2-3のみで

そこには

「(1)機能性関与成分
 機能性関与成分とは、特定の保健の目的(疾病リスクの
 低減に係るものを除く。)に資する成分をいう。」

と書いてあります。


随分オープンな意味内容で
ここがとても重要なところです。

この「関与成分」概念は「原材料名」とは違います。

たとえば、昨日UPされた
ネイチャーメイドフィッシュオイルパールでは

関与成分は「EPA・DHA」
ですが

原材料名は

「精製魚油(さばを含む)」で全く違います。


原材料名はJAS法で
その意味内容が細かく定められており
「関与成分」とは対照的です。

つまり、原材料名をどう書くかは
ほとんど選択の余地がないのですが
関与成分はそうではありません。

ですから、

関与成分をどう設計するか
どう規定するか(規格化するか)が
パクリ防止にも役立ちうるのです。


そのヒントは私のデータブックにも
書いています。>>>コチラ

データブック閲覧には
パスワードが必要となりますので、
 

閲覧ご希望の方は

ydc003@usjri.com まで本日中にお問い合わせ下さい。

詳しいことは29日の説明会でお話ししましょう。

7月29日(水)開催 

能性表示通販ビジネスの作り方を説明します。

「2万円でわかる
   初年度年商10億、2年度年商20億!!
                機能性表示通販ビジネスの作り方」

>>>コチラ


機能性表示制度|機能性表示、究極のマーケティング戦略とは?

こんにちは、林田学(Mike Hayashida)です。

機能性表示制度 
  ~機能性表示、究極のマーケティング戦略とは~

について解説します。

最近は海外からの問い合わせも少なくありません。
中国・韓国は言うに及ばず
アメリカさらにはヨーロッパ。
そこで、英語サイトを作ることにしました。

私の原稿は完成したので
あとはコーディングを待つのみです。
こういうことは外資を呼び込むために
本来は消費者庁がやるべきことだと思います。
もう一つ消費者庁の代わりに
やらねばと思っていることがあります。
それは、届出書類の作成マニュアルを作ることです。
消費者庁のガイドライン

ルールの説明と届出書類の説明が混在しており
整然としていません。

さらに、一つのことを随所でバラバラに説明していて
現状だと使いにくいことこの上ないものです。
これでは社会的なロスが生ずることにもなりかねず

近々、届出書類作成マニュアルをリリースする予定です。
さて、機能性表示をやりたいのだけれど
どのゾーンが狙い目だと思いますか?
という質問をよく受けます
それに対する(上)の回答は
月間検索ボリュームは多いけれど
クリック単価は安いゾーンを狙う

ということになります。
たとえば

難聴  検索数16000 CPC94円
過食  検索数37000 CPC62円
低血圧 検索数26000 CPC3円 
心筋梗塞検索数47000 CPC39円

ウエブマーケティングに長けた方なら
この回答は私でなくても可能です。
しかし、実は私ならではの(特上)の回答もあります。
それは、現状リスティング広告の審査が
通らないゾーンをねらう


ということです。
現状の商材ではリスティングが通っていなくても
機能性表示が通れば

ヤフー・グーグル審査も通ると思います。
これは私が提唱する
リーガルマーケティングの典型的な勝ちパターンです。
規制があるがゆえに

みなが超えられない壁を一人だけ超えて
ブルーオーシャンに辿り着くのです。
リスティング広告が独り占めできるなんて
考えただけでもゾクゾクしませんか?
そのゾーンはどこか?
それは秘中の秘です。
こうして機能性表示
マーケットに様々な変化をもたらそうとしています。
変革の時代はその変革の先を読んだ人の勝ちなのです。

皆さんもその変革の先端情報を
23日のセミナーでゲットしてください。

機能性表示制度|サプリ相談のビジネス化は?

こんにちは、林田学(Mike Hayashida)です。

機能性表示制度 
  ~サプリ相談のビジネス化は~

について解説します。

昨夜は、がん代替医療を30年近く実践されている
鶴見クリニックの鶴見隆史ドクター
ジョイントセミナーを行いました。
right_photo01


糖尿病世界1
アルツハイマー世界1
胃がん世界1
小児がん世界1

日本は長寿国だとは言っても
寝たきり老人、要介護老人を量産しているだけだ
という鶴見ドクターのコメントは衝撃的でした。
そして、その重要な要因

食生活の変化(悪化)にある。

糖尿病やアルツハイマーが劇的に増えたのも
最近のこと。昔の日本はそんなことはなかった。

これを改善するには食生活を変え
足りないものはサプリメントで補う。
これが鶴見ドクターの主張です。
他方、ケリー・ターナー女史
無題

そのベストセラー著書「Radical Remission」の中で
ガンからの生還に成功した方々に共通する

9つの重要な要素
の一つとして

食事の改善とサプリメントの有効活用を挙げています。

彼女はがん患者のカウンセリングも行っているので
その際、「どういうサプリがいいのか?」と
聞かれることも多いそうです。

しかし、彼女はその質問には直接回答せず
常に「naturopathyの専門家に聞きなさい」
答えるそうです。

ナチュロパシー

日本語では自然療法と訳されていますが
その重要分野の一つが
鶴見ドクターも重要性を強調しておられる
臨床栄養学です。


ご存知のように
日本の機能性表示のモデルとなる

アメリカのDSHAは
1994年に始まり
サプリの効能が言えるようになりました。

その結果、

いろんな効能をうたうサプリが
たくさん市場に出てきましたので
その中からどのサプリを選べばよいのかを
アドバイスすることが
れっきとしたビジネスとして成立しているのです。
私は日本も近い将来
そういう世の中になるような気がしています。

栄養士やサプリメントアドバイザーなど
この辺に近い資格ホルダーの方々は
ビジネスチャンスかもしれません。

機能性表示においてはRCTやSR
消費庁サイトにアップされることになっています。

こういうエビデンスを分析でき
それを消費者にわかりやすく説明できる人は
重宝がられるようになることでしょう。

そのための臨床論文やSRの読み方セミナーも
いずれドクターとともにやりたいなと思っています。
そういう将来構想のためにも

機能性表示をどんどん広げていかなければ
と強く思う今日この頃です。

その第1歩が消費者庁届出書類の
作成ノウハウを蓄積し広めることです。

機能性表示制度|機能性表示、のるかそるか

こんにちは、林田学(Mike Hayashida)です。

機能性表示制度 
  ~機能性表示、のるかそるか~

について解説します。


金曜の日経朝刊に機能性表示がらみでYDCが登場しました。




すると、すぐ金融関係から問い合わせがありました。
メルマガでたびたび書いていますように

異業種からの参入の気配を強く感じます。

化粧品、金融、建設etc・・・


先週は海外からの問い合わせもあり
英語でのミーティングとなりました。
英語のBROCHURE(パンフレット)も
用意しておかなければと思っています。


機能性表示4月1日届出提出の段取りは
すでに整っていますので

4月に入ったら後日談をお話ししましょう。



ぜひ皆さんに言っておきたいことがあります。
それは、

   健食プレーヤーの方は
         機能性表示のるかそるか


早く決めなければならないということです。



無為に時間を過ごすことは

異業種や外資にマーケットをさらわれていくのを
指をくわえて見守るだけということになりかねません。



たとえば、ダイエット。


機能性表示が登場するのは時間の問題です。
そうなると、制度に乗らないダイエットサプリは
「大丈夫なの?これ」といった
メディアや消費者の偏見を
真っ向から受けることになります。


そうしてジリ貧になるくらいなら

もう一つの単品通販商材である
化粧品に乗り換えた方がいいかもしれません。


そこで、最重要月間であるこの4月は3本のセミナーをご用意します。


機能性表示制度|機能性表示健食の光と影

こんにちは、林田学(Mike Hayashida)です。

機能性表示制度 
     ~健食の光と影~

について解説します。

機能性表示を目指し
異業種からの参入者が増えています。



昨日は建設業界から
水で機能性表示にチャレンジしたいという方が
ご相談に来られました。



既存の健食プレーヤーでも
機能性表示に踏み切れない方々は
出遅れ必至な状況で



他業種から見れば
競合の少ない新たな拡大マーケットで
確実に勝ちをもらおうという戦略です。



以前、医薬品通販で4年で50億の成功事例を紹介しました。


その成功の最大要因
訴求効果を絞り込んだこと。



すなわち


「シミに効く」とストレートに訴求できる商材
持っている通販プレーヤーが数少ないという点でした。



健食も同じです。



現状、健食で「バスト」と表現すれば
薬事法違反となりますが



マイナー、メジャーにかかわらず
メディアの考査担当者が緩い場合は



事実上訴求することはできます。



しかし



機能性表示制度が始まれば
現状以上に規制は厳しくなります。




実際に、バスト商材に関しては
そういう動きがすでに始まっています。



そうすると、健食通販プレーヤーは
「バスト」市場から撤退せざるを得ないので
そこに、機能性表示健食で「バスト」が訴求できれば
空いたマーケットを一気に拾うことができます。



今、取り残されたくない方は機能性表示の実践セミナー
しっかりと勉強して下さい。