健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

7.機能性表示届出実務

DeNA事件の奥深い背景と梯子を使ったSR 




キュレーションサイト。 


いろんなところからチェック依頼が来ています。 

サイトの閉鎖も相次いでいます。 


DeNA事件の背景は何なのか? 

キュレーションサイトが薬事法違反なら 
アフィリエイトはどうなのか? 


この問題の根は相当深そうです。 


来週お伝えすることにしましょう。 



さて、 

機能性表示をSRでやろうとお考えの方はSRを戦略的に 
考える必要があります。 


たとえば、言いたいことを言ってくれている文献を 
見つけたけれども関与成分の1日摂取量が2倍。 


要は欲しいものに手が届かない。 

もしそれが棚の上にあるものなら皆さんはどうしますか? 


梯子を使って取ろうとするのではないでしょうか? 


SRも同じです。 


梯子となる文献を探すのです。 

小林香料さんのHMBのSRがその例です。 


具体的にはどうするのか? 


続きは来月18日(水)のセミナーでお話しします。 

早割は12月16日(金)までです。 
お早めにお申し込みください。 


また、初心者の方でも戦略的SRが作れるようになる 
ムービーも作りました。 

SRが作れる社員を育てたいというニーズがあれば 
合わせてご参照ください。 



なぜあの会社だけが言えるのか? 

戦略的なSRの作り方! 

-他では聞けないSRのトリックを解き明かします- 

↓   ↓   ↓  

http://www.yakujihou.com/seminar/20170118_n.html 

白衣の適法性と効果とは?




機能性表示。 

BMI基準について今までよりも厳しい基準に立つ事例が 
出てきましたが、 

それに続いて別のジャンルでも今までよりも厳しい基準に 
立つ事例が出てきています。 


詳しいことは後日お知らせしますが、ご興味ある方は、 
薬事法ドットコムの機能性表示サイトをキャッチアップ 
して下さい。 

>>> http://goo.gl/9C89k3  




さて、 

方向性が読み難い機能性表示とは異なり、 
安定的な化粧品マーケットですが何せ大激戦。 


しかし私がサポートしている10社はどこも 
うまく行っています。 

月商が25倍UP、30倍UPなんて事例もあります。 


そのノウハウの一端をシリーズでお伝えしています。 


今日は白衣です。 


まず、白衣を着た人が化粧品広告に登場するのは 
NGではありません。 


白衣を着た人が商品について語るのはNGですが、 
美肌理論など一般論を語るのはOKです。 


これは白衣を着た人が医師であるか否かに 
関わりません。 


「広告の実際」P70のQ38はこうなっています。 

医療関係者又は医薬関係者以外の者を問わず、医師、 
薬剤師、看護師等のスタイル(服装等)の人が、 

広告中に登場すること自体は直ちに医薬関係者の推薦に 
該当するわけではないが、 

医師等のスタイルの人が広告することは医薬関係者の 
推薦に該当する。 

また、芸能人等を使用しても同様とする。 
  

※なお、「広告の実際」は化粧品ビジネスの 
コンプライアンスを知るために必読ですが 

とてもわかりにくいので 
そのガイドブックをご覧ください。  

http://www.yakujihou.com/dvd/text/1_2.html 


で、この白衣パーソンをうまく使ってLPの 
CVRを1%ほどUPさせている事例があります。 


白衣パーソンはLPのCVRアップに不可欠なコンテンツ 
ですが、誰でもよいというわけではありません。 

選択基準があります。 


それはどういう基準なのか? 


詳しくは12月14日のセミナーで 
お話しましょう。 


11月25日までに申し込むと早割がありますので 
お申し込みはお早めに。   

 ☆4年で年商30億! 

 化粧品EC勝利の方程式2017! 

-30億事例他、10億~200億まで 
 10社の成功事例のヒケツをレクチャーします- 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/MzWCbF 



あるいは、 

表題を「11月21日回答希望」として 

・会社名 
・ご担当者名 
・メールアドレス 
・電話番号と、 

これでOKなのかと思う他社の広告例を添付し 
どこが疑問かを明記の上、 


info@yakujihou.com (中田)まで 
お問い合わせください。 


定期コース。縛るべきか縛らざるべきか?




機能性表示。 

以前は、差戻しに対する出し直しも含めだいたい60日以内に 
戻ってくるという運用でした。 


そうでないと、受理→一般公開→キックオフという 
消費者庁がデザインしたフローが守れなくなるからです。 


つまり10月20日に届け出て12月10日にOKとなれば、 
受理日は10月20日に遡り、12月20日には 
キックオフしてよいことになります。 


そうすると12月20日までに返事しないと 
一般公開することなくキックオフに至ってしまいます。 


それゆえ、60日以内の返事が必達とされていたわけです。 


ところが最近、60日以内に返事が来ないケースが 
ふえて来ました。 


消費者庁もスタッフをふやしても捌き切れないようです。 


ただそうなると一般公開なくキックオフと 
なってしまいますが、 

機能性表示推進派の私としては、 
何だかせつない気持ちです。 



さて、 

今や当たり前の感がある定期コースの縛りですが、 
12月のセミナーで紹介する成功事例10社中過半数は 
縛りを付けていません。 


2社は定期コースすら設けていません。 


私もこれらの成功事例をサポートしていて化粧品の場合、 

定期に縛りはなくてもよいのではないかという 
気がしています。 


それはなぜなのか? 



詳しくは12月14日のセミナーで 
お話しましょう。 


11月25日までに申し込むと早割がありますので 
お申し込みはお早めに。   

 ☆4年で年商30億! 

 化粧品EC勝利の方程式2017! 

-30億事例他、10億~200億まで 
 10社の成功事例のヒケツをレクチャーします- 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/MzWCbF 

たるみに効く化粧品と機能性表示



昔アメリカの首都ワシントンに宿泊したことが 
ありますが、 

あまりにつまらない街に辟易としたことがあります。 


あの街は3度のごはんより権力が好きという方でないと 
何も面白くないと思います。 


それ以来、ワシントンに行ったときはどんなに遅くても 
飛行機でニューヨークに戻り 

ニューヨークに宿泊することにしています。 


新大統領のメラニア夫人があの街が好きだとは 
到底思えませんが彼女はどうするのでしょうか? 


余計なお世話ですね・・・ 




さて、 

昨日のメルマガで、たるみに効く化粧品のことを 
書きましたら沢山のお問い合わせをいただきました。 



これが機能性表示だとどうかと言うと、 

ヘルスクレームに「たるみ」を入れて届出すると 
現状必ず不備事項として指摘され戻ってきます。 


ただ、代わりに、「XX」と表現すると、今のところ、 
不備事項指摘にはなっていません。 


たるみに効く化粧品と共にその話も12月14日のセミナーで 
お話ししたいと思います 


11月25日までに申し込むと早割がありますので 
お申し込みはお早めに。   

 ☆4年で年商30億! 

 化粧品EC勝利の方程式2017! 

-30億事例他、10億~200億まで 
 10社の成功事例のヒケツをレクチャーします- 

↓   ↓   ↓  

https://goo.gl/MzWCbF 


衆院解散としわを伸ばす化粧品



よく機能性表示の関与成分はどうなるのか? 
と聞かれます。 


答えは現時点では全く白紙です。 


それは検討会の意見が割れているからとかではなくで、 
役人が落としどころを決めかねているからです。 


なぜ落としどころを決めかねているか?と言うと、 
衆院解散・総選挙の可能性があるからです。 


衆院が解散され選挙があれば、その結果次第で国の方針が 
代わったり、人事が代わったりする可能性があります。 


衆院解散は衆院が開かれている時にしかできませんが、 
衆院の会期延長はほぼ決まり。 


12月解散の可能性が消えません。 


電通過労死事件があれだけ大ごとになっているのも 
それに絡んでいる(電通を抑え込むため)という人も 
います。 


検討会でどんな議論が戦わされようと実際には 
今月1か月は何も決まらないでしょう。 



さて、 

そんな中、現時点での健康美容ビジネスの 
勝ちパターンは3つです。 


資金を掛けて機能性表示に切り込むこと。 

一般健食でエビデンスマーケティングを展開すること。 

そして、勝利が実証された戦術で化粧品通販を展開すること。 


しばらくは、第3のチョイスをお話ししたいと思います。 


健康美容ビジネスで勝てる重要な要因は、 
適法に効果をうたえる仕組みを見出し構築することです。 


あっという間に急成長したボディメイクジムも 
その1例です。 


化粧品にもいくつかそういうスポットがあります。 


その一つがしわを伸ばす化粧品です。 



続きは明日お話ししましょう。