健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学

健康食品機能性表示+課徴金ナビゲーター|林田学のサイトです。従来健康食品の効果は一切表示されないことになっていましたが、規制が改定され機能性表示が可能になりました。どう進めていけばよいのかを薬事法・景表法とマーケティングの融合のスペシャリスト林田学がナビゲートいたします。 ご要望に答え、2016年3月から景表法課徴金制度の動向についてもお伝えすることにしました。

7.機能性表示届出実務

衆院解散としわを伸ばす化粧品



よく機能性表示の関与成分はどうなるのか? 
と聞かれます。 


答えは現時点では全く白紙です。 


それは検討会の意見が割れているからとかではなくで、 
役人が落としどころを決めかねているからです。 


なぜ落としどころを決めかねているか?と言うと、 
衆院解散・総選挙の可能性があるからです。 


衆院が解散され選挙があれば、その結果次第で国の方針が 
代わったり、人事が代わったりする可能性があります。 


衆院解散は衆院が開かれている時にしかできませんが、 
衆院の会期延長はほぼ決まり。 


12月解散の可能性が消えません。 


電通過労死事件があれだけ大ごとになっているのも 
それに絡んでいる(電通を抑え込むため)という人も 
います。 


検討会でどんな議論が戦わされようと実際には 
今月1か月は何も決まらないでしょう。 



さて、 

そんな中、現時点での健康美容ビジネスの 
勝ちパターンは3つです。 


資金を掛けて機能性表示に切り込むこと。 

一般健食でエビデンスマーケティングを展開すること。 

そして、勝利が実証された戦術で化粧品通販を展開すること。 


しばらくは、第3のチョイスをお話ししたいと思います。 


健康美容ビジネスで勝てる重要な要因は、 
適法に効果をうたえる仕組みを見出し構築することです。 


あっという間に急成長したボディメイクジムも 
その1例です。 


化粧品にもいくつかそういうスポットがあります。 


その一つがしわを伸ばす化粧品です。 



続きは明日お話ししましょう。 

なぜ森永さんは成分広告をチョイスしたのか?

このメルマガが配信される頃はアメリカ・ラスベガスで 大統領選に向けたトランプVSヒラリーの 最終ディベートが行われていることでしょう。
ディベートと言ってもすさまじい中傷合戦、 悪口の言い合いですが、
そんな中、前回のディベートの中で、 会場の1市民が質問を求められて、
「相手のよいところはどこだと思うか?」と尋ねたのは、
技あり!という感じでした。
今回はどうなるのか?
興味津々です。
さて、
昨日のメルマガでは、森永乳業さんが 栗山千明さんを使って流しているCMは 「コラーゲンを作る」と効能を述べているけれども、
アロエステロールという健康美容成分の広告になっていて 商品は出てこないから薬事法はOKなのだという話をしました。
ただ、森永さんはこれまで5件機能性表示を 受理させていますから
商品アロエステロールヨーグルトドリンクについて、 しわ・くすみ・たるみをヘルスクレームにして
機能性表示取得するというチョイスもあったはずですが、 なぜそうしなかったのでしょうか?
この疑問を解くカギは現在の機能性表示の 運用基準にあります。
なんどかこのメルマガで書きましたが、
a.基本的にこれまで認めて来たヘルスクレームの  範囲でしか認めない。(ゾロ型) ゾロ型は多少エビデンスが甘くても認める。
b.一部、新規型でも認めているものがある。
これが現在の運用実態です。
そして、美肌効果に関しては、 これまで、「うるおい」しか認めておらず、
「しわ・くすみ・たるみ」は 一筋縄ではいかないのです。
私どもも現在ここでチャレンジ中です。
森永さんとしては、機能性表示に関して秘策を練って 新規クレーム「しわ・くすみ・たるみ」にチャレンジするか、
成分広告で「しわ・くすみ・たるみ」を訴求するかという 決断に迫られるわけですが、
そこで後者の道をチョイスしたということになります。
どちらのチョイスも一長一短ですが、 最終的に利益を生むまでもっていくのは至難の業です。
そのコツを知りたい方は、
表題を「10月20日回答希望」として、
・会社名 ・ご担当者名 ・メールアドレス ・電話番号と、
これでOKなのかと思う他社の広告例を添付し どこが疑問かを明記の上、
info@yakujihou.com (中田)まで ご連絡ください。

消費者庁松本新大臣の取り組みは?

昨日は、松本純消費者庁担当大臣の パーティがありました。
松本大臣は他にも国家公安委員長なども兼務されていて 消費者庁はその中の一つです。
松本大臣のパーティは前から何度も参加していますが、 大臣就任後のパーティは今回が初めて。
今までと違い、参加者は多いわ、SPはいるは、 ゲストに同僚大臣が居並ぶはと、
やはり大臣になると違うなと思いました。
さて、
その消費者庁ができたのは2009年。
まだ10年も経ちません。
ですから、プロパーの職員は幹部にはおらず、 厚労省・農水省・公取委からの出向組が名を 連ねています。
そしてそのことは機能性表示にも微妙に 影響しています。
それはどういうことなのか?
そのことは今週金曜日のセミナーで お話ししましょう。
好評に付き、増席決定!
10名限定セミナー!
表に出ない水面下の動きをお伝えします。
機能性表示 最新情報!
↓   ↓   ↓

水面下の情報戦




昨日、福岡通販に都庁の景表法セクションが 
処分の手を伸ばしているという話を書きましたら、 

なぜそんなことが分かるのか?という 
問い合わせを受けました。 


それはそういうご相談を受けているからです。 


皆様、すでにご存じのことかもしれませんが、 
この分野ではこういう現場情報が決定的に重要です。 


なぜなら、この分野は現場の運用こそが 
基準となっているからです。 


そして、その運用の大半は水面下で行われ、 
表に出てきません。 


法律や通知や判例を見てもそういう運用は 
全くわかりません。 


大半の業界紙も当局の取材に基づいて記事を 
書いているので当局から出てこない情報は掴めません。 


唯一、このメルマガだけが表に出ない情報を 
伝えています。 


それは私どもが会員数216社、メルマガ配信数 
11700超という情報ネットワークを構築しているので、 

日々様々な情報が現場の皆さまから寄せられることで 
可能になっているからなのです。 




さて、 

そういう水面下の情報は機能性表示でも2つの点で 
とても重要な意味を持ちます。 


一つは受理に至る前の情報です。 


たとえば、美容サプリ。 

表に出ている受理情報だけ見ていても、 
「潤い」が認められているということしかわかりません。 


それ以外の美肌訴求。 

「しわ」はどうなのか? 
「たるみ」はどうなのか? 
「弾力」はどうなのか?はわかりません。 


しかし、 

私どもは、60件超、届出事例に関与しているので、 
受理前の情報に触れることができ、 

たとえば、肌の保護に寄せて弾力を訴求することは 
不備事項として指摘されていない、 

ということがわかります。 


この辺りの情報は、私どもの機能性表示サイトでも 
発信しています。 

http://www.yakujihou.com/kinou-lp/ 


もう一つは、これは難しいと思われる事例が 
一部受理されたりしています。 


それはなぜなのか? 

この辺りの情報にも触れることができます。 


そのことは21日のセミナーでお話ししましょう。 


10名限定セミナー! 

表に出ない水面下の動きをお伝えします。 

機能性表示 最新情報! 

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/yqa5Wi 

SR付き原料は行けるのか?(その3)



ニューヨークでは私はセントラルパークに面した 
トランプインターナショナルホテルを定宿にしています。 


公園の緑が見えて通りを渡ればそこは公園という 
ロケーションが好きだからです。 


年末もニューヨークに行こうと思い予約しようと 
したところ既に一杯でできませんでした。 


普段の2倍の年末料金になっているにもかかわらず。 


なぜかと言うと、「トランプ」の名前が 
毎日長時間メディアで流されるので 
―ニュース番組だけでなくワイドショーの類でも―、 

「あのトランプが経営するホテルに泊まってみたい」 
と思う人が世界中から集まっているからのようです。 


トランプ騒ぎでとんだとばっちりを 
受けてしまいました。 




さて、 

今日は金曜日からのQ&Aの続きです。 


Q.先日、食品開発展に行ったらSR付き原料の 
  勧誘を受けました。 

  そこで教えてください。 

  1.原料メーカーが作ったSRであれば、 
        機能性表示の受理は大丈夫なのでしょうか? 

  2.どのメーカーが良いとかあるのでしょうか? 

  3.機能性表示受理されたら売れるものでしょうか? 



A.3.機能性表示の受理件数も500件近くなってきましたが、 
    その中で売れているケースは、 
    私の肌感覚では1~2割。 

    特にベンチャー系はごく少数だと思います。 

     
    というのも、ベンチャー系の大半は 
    ウェブマーケティングをメインとしていますが、 
     
    そこには「機能性表示自主広告基準」が 
    重くのしかかっているからです。 

    この「広告基準」はあくまで「自主」ですから、 
    これに反していたとしても行政指導の対象には 
    なりません。 

     
    しかし、ヤフーやグーグルが基本、この基準に 
    基づいて審査をしているので、 

    これに反しているとたとえば「リスティング広告」 
    が通らない、ということになります。 

     
    しかも、この「広告基準」は同じく「自主」の 
    トクホの「広告基準」よりも厳しくなっています。 

    たとえば、トクホでは可能な「医師の推薦」が 
    NGです。 

     
    また、他社誹謗もNGなので、「うちはRCT、 
    競合はSR、だからうちの方が上」なんて 
    広告もできません。 



ベンチャー系はどうしたらよいのかを 
お知りになりたい方は 


・会社名 
・ご担当者名 
・メールアドレス 
・電話番号と、 

「御社の機能性表示の状況」をお下記の上、 


info@yakujihou.com (中田)まで 

メールでお問い合わせください。 



また、21日の限定セミナーでもお話したいと思います。 


10名限定セミナー! 

表に出ない水面下の動きをお伝えします。 

機能性表示 最新情報! 

↓   ↓   ↓ 

https://goo.gl/yqa5Wi